芸能

ゆずが紅白歌合戦出場!2015-2016曲名と演出を大胆予想!!

投稿日:2015年12月20日 更新日:

Pocket

紅白歌合戦出場が今回で6回目となったゆず。

2013年の紅白歌合戦では蜷川幸雄演出の大正モダン風な舞台演出と、朝ドラ主題歌の「雨のちハレルヤ」が大変好評でした。

今年の紅白歌合戦ではいったい何を歌うのでしょうか?デビュー当時からゆず大好きなソラが曲と演出を大胆にも予想してみました!当たらなかったらご愛嬌!では、これまでの出場曲の振り返りと共に見ていきましょう!

スポンサーリンク

ゆず「かける」

一人じゃない 一人じゃない 一人じゃないから 未来へかける

現れた分岐路 滲んだ町の色 怖いよ辛いよ もう逃げ出したいのに 震える胸の奥 消したはずの想いが 今 叫ぶ
生きろ 生きろ 生きろ 明日へ繋いだ 希望の声よ響け 君へ 届け
一人じゃない一人じゃない一人じゃないから未来へかける

大きく見えた壁
見下ろせばなんてちっぽけ

 

ゆずと紅白歌合戦

ゆずが初めて紅白歌合戦に出場したのは2003年のことです。東京渋谷のNHKホールではなく、デビュー前に路上ライブをしていた横浜の伊勢崎町の松坂屋の前からの中継でした。

ゆずは、それまで極力メディアに出るのを控えていたので、私たちゆずファン(通称ゆずっこ)はそれはもう、テレビの前で正座してドキドキして観ていました。

その時の曲はデビュー曲「夏色」「濃」「また逢える日まで」のメドレーでした。

その後は、舞台がNHKホールになり、2004年はアテネオリンピックのNHK公式ソングとなった「栄光の架け橋」を歌いました。

金メダリストと、「放物線を描く伸身の新月面は、栄光への架け橋だ!」と叫んだアナウンサーが舞台袖に来てくれました。

それからゆず二人の意向からしばらくは紅白歌合戦を辞退します。理由は様々あったとは思いますが、メンバーの北川悠仁の父親の体調不良が原因だったのではないでしょうか。

 

父の死を乗り越えて

2009年「逢いたい」で再び紅白歌合戦に帰ってきたゆず。前年の2008年にメンバーの北川悠仁のお父さんが亡くなったのです。

mainvisual

http://lwp.jp/

この曲は北川悠仁がお父さんに作った曲です。

実は私は、お父さんが亡くなった翌日のライブに参加しました。すでにその死はメディアに発表されていましたので、ライブが中止になってもかまわない。お父さんの側にいてあげて欲しいと思っていました。

しかし、ライブは開催されました。北川悠仁の父親の死を約1万人のファン全員が知っていました。しかし、誰一人としてその話題には触れませんでした。いいライブにするんだという気で会場は満ち満ちていました。

ライブは時々笑いに溢れる、素晴らしいライブになりました。ライブの最後、岩沢厚治が「みんないいヤツだ…」と言っていました。

 

2011年。東北のために歌う「Hey和」

その後、2010年はまた辞退しますが、2011年に起こった東日本大震災の年1月にリリースした「Hey和」が被災地の人々の応援歌になったとの事で、ゆずは二つ返事でまた紅白歌合戦の舞台に立ちました。

震災直後の3月下旬に、ゆずは福井からライブツアーを予定していました。しかし、3月11日以降に東京から北に行く事は許可されませんでした。

そのため、私が参加する4月12日の福岡のライブがツアー初日になりました。震災で大変な人がたくさんいるのに、ライブで歌っていいのかな?とドキドキでした。

ゆずも私ファンも始めはぎこちなく、それでも、東北の人達に届くようにみんなで歌おう!と心を一つにしました。とても感動しました。

スポンサーリンク

 

2012年。結婚の為?欠場

2012年は北川悠仁がフリーアナウンサーな高島彩と岩沢厚治が一般女性と結婚したからか、また辞退。

2013年は杏主演の朝ドラの主題歌「雨のち晴レルヤ」を歌いました。

2014年を挟んで満を持して今回2015年に出場する事になりました。

 

2015年の紅白歌合戦での予想曲は?

私がゆずの今回の紅白歌合戦で歌うであろうと予想するのはズバリこの曲です。

「HAMO」です。

ゆず「HAMO」

人は時に暗闇に迷い 一筋の光を求め 悲しみを胸に秘めて歩いてゆく 1人じゃ誰も生きられないんだ 認め合い許しあえたら 1+1=2じゃなくて∞(無限)に広がる宇宙(ソラ)へ放つ

果てしないCOCOLO 重なり響くHAMO

これは北川悠仁が毎週火曜日、NHK総合で10時55分から司会を務める「めざせ!2020年のオリンピアン/パラリンピアン」の主題歌です。

現在行われているツアーでも、大事な場面で歌われています。

ゆずの「終わらない歌」は今、フジテレビの「めざましテレビ」の主題歌ですので、他局を連想する曲は歌わないと思われます。

また、「かける」は日本生命のテーマソングですので、これもないと思います。

 

紅白歌合戦演出予想!

「HAMO」はハーモニーのことをあらわしています。ゆずの力強いハーモニーを是非お聞き下さい!

できれば、演出は、「めざせ!2020年のオリンピアン/パラリンピアン」でがんばっているオリンピックのメダリストを目指す学生たちのひたむきに励む姿をバックの大スクリーンに流して欲しいですね!ゆずはシンプルな衣装で、歌と、オリンピアン達が前面に出た演出だと、観客の心をギュッとつかめると思います!大晦日のゆずのステージが楽しみです!

追記:2015.12.21

ソラのゆずの紅白歌合戦の曲予想は見事にハズれ、「かける」になりました。岩沢厚治の「ひとりじゃない、ひとりじゃない」の歌い出しから始まる勇気がもらえて心温まるナンバーをどうぞお楽しみ下さい。

 

ご一読ありがとうございます!

ソラのブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.