ニュース 芸能

SMAP解散に山口達也がコメント「TOKIOも解散の危機あった」中丸雄一「偉大な先輩。悲しい」

投稿日:


国民的アイドルグループSMAPが年内解散を発表しました。

理由は明らかにはなっていませんが、メンバー間の確執による空中分解との見方が強いです。

「残念だ。」「悲しい。」と日本中の人達が解散を惜しんでいます。

そんな中、同じジャニーズ事務所のTOKIOの山口達也さんが曜日パーソナリティーを務める情報番組「ZIP!」で、SMAPの解散についてコメントしました。

「TOKIOの山口達也くんは明日のZip!で何て言うだろう…」と思った方も多いと思います。

SMAP解散についてTOKIOの山口達也くんが言ったコメントをみてみましょう。

スポンサーリンク

SMAPの解散はオリンピックのメダルラッシュの最中に発表されました。

Zip!も、始めはオリンピックのメダル速報を流しており、リオデジャネイロにいる山口達也さんと中継で繋いでいました。

山口達也くん、リオならSMAPの事まだ知らないのかも…。と思いましたが、

しかし、SMAPの解散報道のコーナーなると、山口達也さんの顔が引き締まりました。

一連の解散報道があった後、山口達也さんはSMAPの解散に対して口を開きました。

 

「TOKIOだって正直、解散っていう話が出たことはたくさんあります。」

 

(リオデジャネイロオリンピックの取材の為)リオに着いて真っ先に聞いたのが、SMAPの解散のニュースでした。

解散に驚くというよりは、解散報道があった事に驚いています。

そして、「正直自分の中では簡単に言って良いのかなと…」と前置きした上で話し始めました。

「TOKIOだって結成してデビューして走り出したときって言うのはそういうことは意識してないですけど、絶対どこか解散っていうものは隣り合わせで、どうやってグループを続けていくのかファンの人を喜ばせるのか意識しながら走って行かなきゃいけない中で、「話し合いが出来るグループ」「出来ないグループ」「する必要のないこと」「してはいけないこと」っていうのを常に抱えていて、TOKIOだって解散っていう話が出たことは正直あります。その中でグループって活動していくんだと思う。」

 

TOKIOもとても仲良さそうなのに解散の危機があったのですね。

私としては山口達也さんが、真摯に正直に話してくれたので、とても嬉しかったです。
山口達也さんはこう続けます。

 

「12月31日でSMAPは解散しますけどそれが良いのか悪いのかの判断はまだ誰も出来ない。

応援し続けることは出来る。一回なくなってしまう、戻るかどうかは誰もわかりません。

メンバーも発言する場所が正直無くてもやもやしている部分もあるかもしれません。私の憶測です。」

 

そして、

 

「今のSMAPという形がある以上はSMAPを応援したいと思います」

 

と締めくくりました。

KAT-TUNEの中丸雄一、「SMAPは偉大な先輩。悲しいです。」

活動休止中のKAT-TUNEの中丸雄一さんもコメントしていました。

 

今困惑してますね。

記事を読むと、休止してる身として、そういった気持ちで見ると泣けるなと思いますね。

これまで、決断に至るまで相当な話し合いを重ねたと思うんですよ。

決断というのは、残念ですけど、尊重する気持ちを持って、こう決まった以上は今後ソロ活動を皆さんがいい方向に進むように祈るしかない。と思います。

SMAPというのは本当、男性グループというのはどういったものかと言うのを1つ提示したモデルケースだと思うんですよ。

先駆者だと思うんですよ。だからこそ、少なからず事務所の後輩は絶対に影響受けているし、悲しいですよね。

1つホッとしたのは事務所の移籍がなかったと言うことです。

自分たちは(元メンバーは)外に行っているので、今後交わるっていうことがとても難しいと思うんですよ。でも、1つのコミュニティーとしてつながりがあるのは僕は個人的な意見ですが良かったと思います。

SMAPの姿勢は僕も含めてですが後輩たちに大きな影響与えました。25年間、第一線で走り続けてきたのは奇跡的な事なんじゃないかなと思います。

 

 

SMAPの所属事務所が解散を発表

 

SMAPは所属のジャニーズ事務所の公式サイトにて

 

「デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日をもちまして解散させていただくことになりました」

 

と発表しました。

 

「議論を続ける中で『今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい』というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽番組を辞退させて頂いた経緯がございました」

「メンバー数名より『休むより解散したい』という希望が出たことを受け、苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日の御報告となりました」

 

国民的アイドルSMAPは、国民の心の拠り所となっていました。

本当に寂しいです。

でも、今回のTOKIOの山口達也さんのコメントで、グループであり続ける事の難しさも理解できたし、私も12月31日までSMAPを応援したいと思います。

これまで私に勇気を与えてくれたSMAP。誰も追いつけない領域に達したスーパーアイドル。感謝の気持ちしかありません。

東日本大震災の後に流れたSMAPの「夜空ノムコウ」。あの瞬間、本当にSMAPがいる有り難さを痛感しました。

SMAPありがとう!

12月31日まで、全力で応援します!

あなたへのおすすめ

スポンサーリンク

-ニュース, 芸能

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.