ニュース

小室圭さんって金めあてなのでは?あざとい部分もある様だけど…。

投稿日:

Pocket

スポンサーリンク

国民の大多数が喜びに包まれた秋篠宮眞子さまのご婚約。

お相手の小室圭さんは一般の方との事で、色々あられもない憶測が飛んでいます。

私も始めは噂レベルの話かなと思っていましたが、何やらそうでもないようです。

眞子さま、とにかく一度お考えいただきたいと思えてきました。

というのは、小室圭さんはもしかしたら眞子さまの金めあてではないかとの声が鎮まらないのです。

また、小室圭さんの性格の評判として、あざとい部分もあるとの事です。

本当でしょうか。調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

調査するのは

「小室圭さんが秋篠宮眞子さまに近づいたのは金めあてなの?」

「小室圭さん、実はあざといって本当?」

以上の2点です。

それでは1つずつみてみましょう。

「小室圭さんが秋篠宮眞子さまに近づいたのは金めあてなの?」

出典元:https://www.japantimes.co.jp/

本当のプリンセスを射止めた元「海の王子」。

金めあてとはいえません。

が、しかし、小室圭さんのお母さんが内縁の夫に借りた多額の借金があります。

小室圭さんはきっと眞子さまが本当に好きで婚約したのだと思います。

しかし、眞子さまの結婚に際して国から支払われる一時金は推定1億2千500万円といわれています。

小室圭さんのお母さんが内縁の夫に借りている400万円もの借金は、このお金が入ればすぐに返済する事ができます。

金めあてで近づいたのでは?といわれても仕方なくも思えます。

ただ、眞子さまは叔母の黒田清子(くろだ さやこ)さんや千家典子(せんげ のりこ)さんのように「資産家の家に嫁ぐ」わけではない事は明白なようです。

出典元:http://news.livedoor.com

夫の黒田慶樹さんと仲睦まじい、清子さん。

出典元:https://dot.asahi.com

現在、離婚の危機もささやかれている千家典子さん。

愛があれば障害も乗り越えられるのかも知れませんが…。

今までのプリンセス達の結婚とはかなり異色ですね。

ここにきて、眞子様のお母様の秋篠宮紀子様が、この嫁ぎ先の借金問題に頭を悩ませているという声が漏れ聞こえてきているようです。

2018年の11月には帝国ホテルでの結婚式が決定しています。

大丈夫なのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

「小室圭さん、実はあざといって本当?」

うーん。どうでしょう…。

実のところは全く読めなくて。

勘繰り過ぎなのかもしれませんが、幼少の頃からバイオリンを習い、母親の内縁の夫からの援助で海外留学をして帰国子女となり、帰国子女の多いICU(国際基督教大学)に入り、「海の王子」に応募して王子になっているところをみると、とてもブランディング力の高さを感じずにはいられません。

これは、祖父と母親とで暮らす母子家庭の男子の「成り上がり精神」によるところが大きいように感じるのですが。

幸せを手に入れるために自分をブランディングする。

これを戦略的であざといというのなら小室圭さんはあざといのかも知れませんね。

「まとめ」

「小室圭さんが秋篠宮眞子さまに近づいたのは金めあてではないけれども、小室圭さんは資産家ではない。」

「小室圭さんはあざというより自己ブランディング力が高く、自分で成り上がるタイプの男性。」

いかがだったでしょうか。私個人の意見ですが、小室圭さんただの「爽やかな好青年」ではないようです。

今生天皇の初孫でもあらせられる眞子様が、幸せになられることだけをお祈りするのみです。

ご一読ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.