ニュース

畠山健介がおもしろい!ラグビーだけじゃない!モノマネ動画がおもしろい

投稿日:

Pocket

地元気仙沼の震災の痛みに向き合い、乗り越えてきた優しく強いラガーマン、畠山健介選手。現在は、サントリーの主力選手として活躍中です。その畠山健介選手が今、おもしろいと評判です。さっそく一緒に見てみましょう。

スポンサーリンク

今年行なわれたラグビーワールドカップイングランド大会。

日本は優勝経験も何度もある、今大会も優勝候補の一角だった南アフリカを逆転で破り、勝利しました。

ラグビー解説者の中には「いかにイイ感じで負けるか…大敗しなければいいんですけど。」と言う人もいるほどの格の違いがあったようです。

そんな中、「世界一の練習量」をこなしてイングランドに乗り込んだ日本代表は、1勝どころか3勝もするほどの快進撃でした!

 

そこで一躍スターになったのが五郎丸歩選手です。

 

しかし!五郎丸歩選手だけでなく、ラグビー日本代表には個性豊かな選手が多数含まれていました。その1人が畠山健介選手です。とてもおもしろい選手で、ものまねのクオリティが高いと評判です。

帰国後、その個性的でおもしろい性格がウケてバラエティ番組にも多数出演しています。特にビートたけしこと北野武さんのモノマネがとても似ていておもしろいです。機会があれば是非見てみて下さいね。

 

畠山健介選手は178センチ115キロで「空飛ぶヨコヅナ」や、「空飛ぶプロップ」と呼ばれています。プロップとは前衛の1列目の左右を守るポジションです。

斬り込み隊長的な、大変重要なポジションですね。でも、大柄な巨人のような外国人選手相手に突っ込んで行くので勇気がいるポジションなのだと思います。

 

畠山健介選手は、1985年8月2日生まれの30才です。宮城県気仙沼市の出身です。ラグビーを始めたのは小学2年生の時ですが、中学ではバスケットボールをしていました。しかし、身体が大きかったからか、すぐに反則をしてしまい、退場させられる事が多かったそうです。

自分はバスケットボールでは一流になれないかも知れないと感じた畠山健介選手は、名門仙台育英高校で再びラグビーに専念します。そうすると、みるみると頭角を現し、1年生からレギュラー入りし、花園で行なわれる大会に3年連続出場します。また、日本代表のU17にも選ばれます。

大学は早稲田大学に進学し、1年生からベンチ入りします。全国大学選手権の優勝にも貢献しました。卒業後はサントリーに入社して活躍します。2011年と今回の2015年のラグビーワールドカップの代表選手になりました。

2011年には、故郷が震災で大変な被害を受けました。もちろん畠山健介 選手もとても辛い思いをしました。余りにも大きな被害で、その光景は目を覆うばかり…。自分の無力さを痛感したそうです。それでも、畠山健介選手は勇気を振り絞ってこう宣言しました。「自分はラグビーをするしかない」

絶望と向き合って出した苦渋の決断。断腸の思いだったに違いありません。

そして、2015年、ラグビーワールドカップ史上稀に見る名勝負で世界を驚かせます。東北の皆さんにも元気を与えてくれたはずです。震災の影響で、結婚式も3年お預けとなってしまいました。

普段の畠山健介選手は本当に明るくておもしろい人ですが、辛い過去を乗り越えた強さや優しさも持っているのですね!

 

ラグビーワールドカップ代表は、半年以上も、宮崎市のフェニックスシーガイアのラグビー場で合宿をしていました。宮崎県に来たというのはニュースで知っていました。私が隣接するホテルでランチをする時もホテルの入り口に「welcome Japan rugby(ラグビー日本代表ようこそ)」とパネルはあるのですが、選手らしき人影はチラリとも見かける事はありませんでした。

2月のキャンプシーズンには、色々な場所で関係者を含めいろんな選手を見かけるのですが、どうしてだろうと思っていたら、早朝から深夜までトレーニングの日々だったのですね!

エディジョーンズヘッドコーチ(現イングランド代表ヘッドコーチ)は、宮崎のラグビー協会の役員に、「選手達には宮崎牛をたくさん食べさせてあげてね。僕は君が釣ってくれた魚の刺身さえあれば最高だから」と言っていたそうです。

畠山健介選手もエディジョーンズヘッドコーチをとても尊敬しています。

これからも楽しくおもしろい畠山健介選手でいて欲しいですね!

試合でのご活躍も応援しています!

ここまでお読みいただきありがとうございます!

ソラのグログをこれからもよろしくお願い致します!

 

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.