芸能 英語が得意な芸能人

石原さとみ、英語のCMやドラマのセリフの発音は下手?上手い?勉強法にも迫る!

投稿日:

Pocket

CMの女王と言ってもいいほど毎日CMで拝見する石原さとみさん。30才を前にして、どんどん綺麗になっていきます!「石原さとみになりたい!」という女子が後を絶ちません。石原さとみさんがあまりにも可愛いので、メイク法や髪型のセット法を知りたい女子が急増しています!

濡れた瞳とぽってりとした可愛い唇が特徴的で、ドラマ共演した俳優さん達が思わず恋に落ちそうになってしまうそうです。ドラマで共演した俳優さん達の合言葉は「石原さとみの目を見るな!」で、理由はその目力に吸い寄せられて、好きになってしまいそうちなるからです。スゴい引力ですね!

そんな石原さとみさん、英語がペラペラで上手いと話題です。しかし、発音は下手と言う噂も・・・。本当でしょうか?また、英語がペラペラになるためにはどんな英語の勉強法をしてきたのでしょうか?大学は進学したのでしょうか?今回は石原さとみさんの英語力を中心に迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク

調査するのは
「石原さとみは英語ペラペラ!発音は下手なの?うまいの?」
「石原さとみのドラマでの英語力にビックリ!」
「石原さとみの英語の勉強法はどんな方法?」

「石原さとみの大学はどこ?」

の4点です。

それでは一つずつ見ていきましょう!

 

「石原さとみの英語は下手なの?上手いの?」

 

石原さとみさんのイーオンのCM。

可愛いですよね!いいではありませんか!可愛いし、これで生徒さんがいっぱい入れば!と思いますが、石原さとみさんの英語そのものは素晴らしいです。しかし、あれだけの文章を自分で考えたのであればの話です。

発音は、はっきり言わせていただいて上手くありません。

ここで上手いといったら話の信用問題になってしまいますので真実を欠きます。石原さとみさんは女優さんとして素晴らしいので、もっと練習させてあげても良かったのではないでしょうか?きっと出来たはずです。

最後のイーオンの先生らしき声がGreat!と聞こえますが、やっと英語の発音を聞いた!と思ったらそれはネイティヴの先生の声でした…。

よく、あの発音にGreat !といえたなと思いました。そこが1番ショックでした!改善点、私にはわかりますが、ここでは控えさせていただきます。

スポンサーリンク

「石原さとみのドラマでの英語力にビックリ!」

 

石原さとみさんと山下智久さんの主演のフジテレビの月9ドラマ「5時から9時まで 私の愛したお坊さん」での英語力がスゴい!との事で、動画を検証してみましょう。

この撮影時期は、イーオンのCMから少し時間が経っており、もしかしたらこのドラマの英語は上手くなっているのかも?と期待してみましたが、残念でした。何と言えばいいのでしょうか…音のタイミングはあっています。

音と音をつなげて言葉を速く話すリエゾン(リンギング)も出来ています。
ドラマの共演者の山下智久さんの英語は聞き取れますが、石原さとみさんはイーオンのCMと同じく、何と言っているか不明です。
これは、外国人英語講師では直せないところにミスがあります。何故かというと、石原さとみさんは日本人特有の欠点を克服していないのです。

という事で、石原さとみさんのドラマの英語にはビックリしましたが、上手くてビックリではありませんでした。

 

「石原さとみの英語の勉強法はどんな方法?」

 

石原さとみさんの英語の勉強法ですが、留学とイーオンに通っています。留学は1ヵ月ニューヨークに行きました。現地の人とお話ししたりミュージカルを見たり楽しんだそうです。その後帰国した石原さとみさんは英会話学校のイーオンに通っています。

イーオンの授業風景を見ましたがなんだか最後まで見れずに途中で切ってしまいました。石原さとみさん専属の外国人英語講師に言いたいことがたくさんありますがここでは差し控えさせていただきます。

残念ながら石原さとみさんの勉強法はおすすめできません。勉強法であれば福士蒼汰さんや、赤西仁さんなど地道に頑張ってきた人たちの勉強法を真似してほしいと思います。

石原さとみさんは女優さんです。演技力で、なんだか何を言っているか伝わってしまうのです。これはこれで才能ですね!

 

石原さとみは大学に進学したの?

 

進学していません。

高校の時から人気があったので、女優業を専念させました。石原さとみさんは小、中、高と、東京の創価高校に通っていました。偏差値は70!すごいですね!希望すれば創価大学には進学出来たと思われますが、女優さんとしての道を選んだようです。両親が創価学会の幹部という噂もあります。

 

シンゴジラでの石原さとみの英語のセリフ回しに批評相次ぐ…

 

石原さとみさんは、エヴァンゲリオンの作者として有名な庵野秀明さんが監督を務めた大ヒット映画「シンゴジラ」に出演しています。

それも、次期大統領を狙う日系アメリカ人3世「カヨコ ・アン・バタースン」というカッコイイ名前の役です。

card_godzilla_ishihara_satomi2

出典元:http://www.sakurry.com/

英語の中で話す石原さとみさんの英語が、その後ちょっとした物議を醸しています。

大ヒットした映画シンゴジラですが、唯一残念なのが、石原さとみさんの英語なのだそうです。

石原さとみさんの役は、次期大統領候補の1人のバリバリのキャリアウーマン!ところが、その石原さとみさんのセリフがかなり残念なようです。

下の動画をご覧ください。

石原さとみさんのセリフの音声が流れてきます。

!!イーオンのCMの時より良くなってる!

ハッキリ言って、イーオンのCMで何を話しているか全く聞き取れなかった石原さとみさんの英語が、字幕さえ見れば、何を言っているかは分かるようになりました。

努力したんだろうな…。これが、「日本人の女の子の役で、異国を旅している…。」くらいなら、十分許容範囲内と思います。

しかし、アメリカの政府のトップクラスの部署で働いている、日系アメリカ人3世となると、本当~に無理があります。

アメリカの文化に詳しい、多くの人が言っていますが、まず

「どこの国の出身であっても、3世は英語のみを話す。」

のだそうです。そして、

「アメリカ次期大統領候補がアジア人なんて、ありえない!」

ということで文化的背景が全くというほどナンセンス。

石原さとみさんの英語の発音に至っては、

「セリフの3割ほどしか理解できない。なのにアメリカのエリートという設定には無理がある!(日本在住アメリカ人)」

「ほとんど聞き取れない。海外版は石原さとみに声質の似たアメリカ人の女優で吹き替えるべき!(日本在住アメリカ人)」

との事です。

シンゴジラの中では日系アメリカ人3世なので日本語も話せるところを撮りたかったからか、日本語に英語がちょっと混じる、ルー大柴さんの「ルー語」風なセリフが多数散りばめられています。

これには、映画を観た外国人だけでなく、日本人も苦笑。映画館の中のあちらこちらからクスクスと笑いが洩れ聞こえる事もあったようです。中には、
「特撮にはありがちな、特殊なありえないキャラ設定なのでは?」という肯定派もいるようです。

石原さとみさんは、進んでオモシロい役を取るタイプの女優さんとは思えないのですが…。

それどころか、アメリカのキャリアウーマンを見習って、存在感を出す為に、ミリ単位で身体の線がわかる衣装を特注するなど役作りを徹底。身体のラインのわかる衣装は、石原さとみさんの魅力を充分に表していました。身体にピッタリなので、衣装を着て固形物を食べられなかったそうです。

また、アメリカ政府で仕事をした事のある日系女性に話しを聞いたりしたそうです。

その女性に、日本語のどの文字が苦手なのか聞いて、でも、あまりにも下手にしてしまうとわざとらしいので、その微妙な加減が難しかったようです。

アメリカの政治家の事務所で働いていた日系2世のお笑い役者のreinaさんは、日本語はパーフェクトですが…。(もちろん英語が母国語です。)

SUgfRJEb

出典元:https://twitter.com

石原さとみさんは製作側から、「2倍の速度で話して。映画『ソーシャルネットワーク』の主人公みたいに。」と言われて、映画を観たら、ものすごく早くて驚いたそうです。

映画ソーシャルネットワークは名前の通り、今やソーシャルネットワークの筆頭、「Facebook」の生みの親、マークザッカーバーグをモデルにしています。マークザッカーバーグは、ハーバード大学卒なので、製作側は「エリート風」話し方のお手本として石原さとみさんに紹介したのでしょう。

映画でも、それなりに早口になっていました。

が、やはりアメリカ政府のエリート官僚役は無理がありました。

 

シンゴジラ、英語監修はカナダ人

 

映画シンゴジラの英語の監修は、カナダ人。なんとしてもアメリカ人にするべきでした。

カナダは移民の国。2世達はナチュラルな英語を話しますが、親や祖父母は母国語と英語なので、幼い頃から英語以外の発音のなまりに親しみ、なまりのある英語に寛容です。

カナダ人は家族の絆を深めるために、週末はログハウスで一族で過ごします。そこで、幼い頃から祖父母の話す訛りの強い英語を聞いて育ちます。

logcanadasyukuhakuto2

出典元:http://tabiseto.com/

つまり、多国籍なバックグラウンドが祖父母と親世代のカナダ人は、無意識に訛りの強い英語を理解する能力があるのです。

これは、アメリカ人、イギリス人にはありません。大きく違うのです。

そして、カナダ人の多くは、幼い頃からの習慣である、この特技ともいえる能力に自分では気がついていません。

石原さとみさんの英語を監修したカナダ人は、このカナダ人ならではの特殊能力で、石原さとみさんの日本語訛りの英語に慣れてしまい、OKを出したのだと思います。

石原さとみさん、英語の批評にビックリされているかも知れませんが、早く英語が上達するといいですね!

 

今日の「ワン!ダフル英会話」

 

石原さとみさんのCMを見てみましょう!

空港で、大きな荷物を持ってエスカレーターに乗ろうとする石原さとみさんの後ろからイケメンのネイティヴがやってきて、言うひと言です。

Can I get this for you !
(お持ちしましょう!)

素敵なシーンです!海外の空港では当たり前に受ける待遇ですね!日本の男性には是非こういうところは見習って、スマートに実行して欲しいですね!!

それでは子犬のSUNDYと一緒に勉強しましょう!

 

まとめ 石原さとみの英語は不十分

 

「石原さとみの英語はうまいわけではありません。」
「石原さとみのドラマでの英語が聞き取れなくてビックリ!」
「石原さとみの英語の勉強法はニューヨーク留学と英会話のイーオン」

どんどん美しく、可愛くなる石原さとみさん。メイクも髪型も本当に素敵です!英語は、演技力プラス日常会話なら大丈夫だと思います。日本のドラマに出る分には全然問題ないし、逆にチャレンジ精神があって素晴らしいです!これからもたくさんCMやドラマに出て欲しいですね!

 

ご一読いただきましてありがとうございます!

ソラのブログをよろしくお願いいたします。

あなたへのおすすめ

スポンサーリンク

-芸能, 英語が得意な芸能人

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.