芸能

りゅうちぇるがタトゥーは本物宣言!批判に反論した本当の理由は?

投稿日:

Pocket

タレントのりゅうちぇるさんが、妻のペコさん(本名 比嘉 哲子=ひが てつこ)と、生まれたばかりの愛息子リンクくんの名前のタトゥー(入れ墨)をした事に批判が集まっています。

それについてりゅうちぇるさんが反論しました。

また、赤ちゃんのリンクという名前がいわゆるキラキラネームである事への批判にも反論しました。

反論すると、それだけまた攻撃が強まります。

それなのに何故りゅうちぇるさんは反論したのでしょうか。

りゅうちぇるさんの反論の内容と共に、その真の理由を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

「りゅうちぇるがタトゥー批判に反論したのは何故?」

「りゅうちぇるがキラキラネーム批判に反論したのは何故?」

以上の2点です。

それでは1つずつみてみましょう。

 

「りゅうちぇるがタトゥー批判に反論したのは何故?」

 

自分の意見を言いたかったからです。

「タトゥーをしているとイメージが悪い」

それは紛れもない事実です。ヤ○ザみたいだし。

先日行われたサッカーワールドカップでも、タトゥーだらけの腕の選手が多数いました。

いいイメージはありませんでした。多くの日本人がそう思っているのは紛れもなく事実です。

入れ墨をするという行為そのもの、入れ墨をしたいと思う人の気持ちが、やはり受け入れられないです。

タトゥーは、皮膚に傷を付けて、そこに顔料を流しこんで作ります。

タトゥーをしている間は激しい痛みを伴います。

それでもタトゥーをする理由というのは、「俺って、激痛に耐えられたんだぜ!」という自己顕示が主なものです。

しかし、りゅうちぇるの場合、手首のところに奥さんと子供の名前だけが彫られているもので、自己顕示の為ではないように思います。

りゅうちぇるは、インスタグラムでも書いていますが、「覚悟」を持ってタトゥーを入れました。

その気持ちは立派だなあと本当に思います。

そして、「タトゥーは悪」という常識のような偏見を無くしたいという強い気持ちを伝えた勇気は素敵だと思います。

でも、タトゥーって、やはりいい感じはしないな。

ブレスレットとか、指輪とか、ペンダントとかでもいいような気がします。

 

それなりに予想はしてたけど、こんなにも偏見されるのかと思いました。
こんなに偏見のある社会 どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい。

結婚して、子供がいつかできたら、
家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。
その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました。

この体で、僕は大切な家族の笑顔を守るのです。なので、この体に、大切な家族の名前を刻みました。隠すつもりもありません。でも意地でも出したいわけでもありません。自然に生きていきたいです。偏見が無くなりますように。

僕も色々こうしてSNSで発信することが怖いときもあります。またどんな風に どんな見出しで ネットニュースにされてしまうのか 怖いです。

だけど何かにおびえて何もせずに生きててもこの社会は変わりません。世の中への思いや、変えていきたいことを どんどん発言、発信していかないと何も変わらないんです。だから、今回も勇気を振り絞りました。共感してくれる方がもしいれば、自分らしく、そして社会を変えようという強い気持ちで一緒に明日も頑張ろうね。

出典元:Instagram

 

りゅうちぇるさんの気持ちもわかります。そして、りゅうちぇるさんの反論により、皆が考える機会をもらったと思います。

みんなが色々な場合で、話し合うことが増えるといいですね。

スポンサーリンク

 

「りゅうちぇるがキラキラネーム批判に反論したのは何故?」

 

自分の意見をきちんと伝えたかったから。

 

「自分の子供の名前を適当に付ける親はいないし、リンクは『ヘアスプレー』というミュージカル映画の(登場人物)リンクから取っていて、その子は外見ではなくて内観を見て恋をしていくんです。ぺことの思い出の映画だったので、いろんなことを言われても貫いていこう、そうした声で自分たちの考えを曲げるわけにはいかないから」と命名への強い気持ちを明かした。

出典元:Yahoo!ニュース

 

素敵な理由です。響きはキラキラネームですが、ここまで命名の理由がはっきりしていたら納得です。

アメリカ人の名前なので、個人的にはあまり好きではありませんが、ペコとりゅうちぇるがよかったらいいんじゃないかな。

映画「ヘアスプレー」の主人公は、ちょっと太めの女の子なんですよね。

その子がポジティブで、どんどん魔法のようにいい事が起こっていきます。

リンクくんも、楽しい事か溢れる毎日を送れるといいですね。

 

まとめ

 

「りゅうちぇるがタトゥー批判に反論したのはきちんと意見を伝えて、社会の意識を変えるきっかけにしたかったから。」

「りゅうちぇるがキラキラネーム批判に反論したのは、きちんとした理由があり、ただ単に響きが好きで付けたわけではないから。」

以上です。

いかがでしたでしょうか。

ご一読ありがとうございます。

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.