芸能

押切もえが子宮頚がんを克服した過去を激白!その気になる方法とは?

投稿日:

Pocket

2016年に西武ライオンズの涌井秀章投手と結婚し、2018年3月には男児を出産した押切もえさんです。

 

そんな押切もえさんは、実は、子供を授かる前に子宮頸がんになっていたと言う事実が明らかになりました。

 

そしてそれを自分の力で克服したそうです。

 

お医者さんにも極めてレアなケース、つまり奇跡だと言われたその方法は、一体どんな方法なのでしょうか。気になります。

 

今回は押切もえさんの、子宮頸がん克服について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

調査するのは

 

「押切もえは子宮頸がんだったって本当?」

 

「押切もえは子宮頸がんをどうやって克服したの?」

 

以上の2点です。

 

それでは1つずつみてみましょう。

 

「押切もえは子宮頸がんだったって本当?」

 

本当です。

 

押切もえさんの話では、子宮頸がんの陽性と診断されたのは、子供を授かる前との事です。

 

おそらく、涌井秀章投手と結婚後から妊娠の間の期間です。

 

1度目の検診で子宮頸がんの陽性が出て、再検査でも陽性がでました。

 

おそらくはごく初期の子宮頸がんで、医師からは手術を勧められたそうです。

 

ただ、急がないと命に関わるというほどではありませんでした。

 

そこで、手術をする前提で期間を1ヵ月と決め、自然療法や、人の自然治癒力についてとことん調べました。

 

専門医の意見を聞き、根本的に自分の心と体に向き合いました。

 

すると、1ヵ月後、子宮頸がんは陰性。

 

つまりがんは消えていました。

 

驚いて他の病院でも検査しましたが、やはり陰性でした。

 

お医者様の話では、かなりのレアケースとのこと。

 

それでもこれは、紛れもない事実です。

 

腸の環境を良くしたそうです。

 

 

押切もえさん、よかったですね。

 

諦めずに行動したもえさん、すごいなあと思います。

スポンサーリンク

 

「押切もえは子宮頸がんをどうやって克服したの?」

 

まず、根本的に自分の心と体に向き合いました。

 

そして、身体の声を聞いたのです。

 

そうすると、気づかずに溜まっていた仕事上のストレス、問題を1人で背負いこんで解決しようとするクセなどにぶち当たりました。

 

まず、そのストレスと、1人で抱え込むクセを少なくすることを決意します。

 

私は毎日寝ながら聴いています。

 

 

スピリチュアルが苦手な人にはこちらがおススメ。

 

 

また、極度の冷え性だったので、冷えの改善に徹底してつとめました。

 

一番手っ取り早くあったまります。ラクして温活にはコレ。

 

 

緊張からくる浅い呼吸も見直し、意識して深い呼吸に改善しました。

 

スゴイ。読んでみます。

 

 

もちろん、押切もえさんがこれでがんを克服したからといって、真似してやって、絶対がんが消えるわけではありません。

 

しかし、この努力が、がん克服の一端を担っていた事は間違いありません。

 

もうすでにがんの人ではなく、今元気な人に、予防として、押切もえさんのやった3つのこと、

 

⚫︎ストレスをためない。

 

⚫︎冷え性の改善。

 

⚫︎深い呼吸。

 

を今から実践していただいて、元気になっていただきたいな、と本当に思います。

 

「一時は不安にもなったし、家族にも心配をかけたけれど、その時に自分と向き合って習慣を改めたおかげで、今は正真正銘、心身ともに健康だと言えます」

押切もえ

 

自分が健康だと、周りのみんなもハッピーになります。

 

それが周りの家族への1番のプレゼントです。

 

まとめ

 

「押切もえは子宮頸がんでしたが、期間を決めて体質改善したらがんが消えました。」

 

「押切もえは子宮頸がんの克服法は、ストレスの軽減、冷え性の改善、呼吸法の改善です。」

 

以上です。

 

いかがでしたでしょうか。

 

押切もえさんの子宮頚がん克服、レアケースかもしれませんが、紛れもない事実です。

 

人間って、本当はビックリするくらい計り知れない可能性を持っているのかもしれませんね。

 

ご一読ありがとうございます。

 

こっちもいいな。呼吸って大事なんですね。

 

 

ショウガもカラダを温めます。

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.