芸能

有村架純の映画中の店名フニクリフニクラ。どんな曲?その意味は?

投稿日:

Pocket

NHK朝ドラの「あまちゃん」以来、大活躍の女優、有村架純さんです。

 

主演映画「コーヒーが冷めないうちに」が大ヒットしています。

 

その映画の中にある喫茶店の名前が「フニクリフニクラ」なのですが、何故この名前になったのでしょうか。

 

また、フニクリフニクラってどんな曲でどんな意味なのでしょうか。

 

調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

「有村架純の映画『コーヒーが冷めないうちに』の店名は何故『フニクリフニクラ』?」

 

「フニクリフニクラの曲と歌詞の意味は?」

 

以上の2点です。

 

それでは1つずつ見てみましょう。

 

「有村架純の映画『コーヒーが冷めないうちに』の店名は何故『フニクリフニクラ』?」

出典元:https://movie.jorudan.co.jp

 

有村架純さん主演の映画「コーヒーが冷めないうちに」の中に出てくる喫茶店の名前が「フニクリフニクラ」です。

 

この店の特別な席には、座ると過去に戻って会いたい人に会えるという都市伝説がありました。

 

有村架純さんはこの喫茶店で働く心優しい女性を演じています。

 

この喫茶店の名前が何故「フニクリフニクラ」なのかは良くわからないのですが、マスターが登山が趣味なのかもしれませんね。

 

響きも可愛いし、キャッチーで覚えやすいですね。男女どちらも気兼ねせずに入店できるいい名前ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「フニクリフニクラの曲と歌詞の意味は?」

 

 

さて、フニクリフニクラって可愛いな!と思ったのですが何処かで聞いた響きです。

 

確か歌だったような…。

 

と思い、youtubeで調べてみたら歌詞の発音と、歌詞の意味も解説がある動画を見つけました。

 

⚫︎イタリアのナポリの民謡のような歌。

 

⚫︎フニクリフニクラは、1944年までは存在していた登山鉄道(ケーブルカー)、「フニコラーレ」のニックネームです。

 

なんて可愛いニックネームなのでしょうか!

 

普通、ニックネームって元の名前より短くなるのに、長くなってるところもいいですね。

 

⚫︎イタリア語というよりナポリ語。(ナポリ市は鹿児島市と姉妹都市ですので、薩摩弁みたいな感じでしょうか。)

 

⚫︎実際のフニコラーレは1944年のベスビオ火山の噴火により破損しました。

 

⚫︎フニクリフニクラは、男性が陽気にプロポーズする様子を、登山にひっかけて、歌っています。

 

ポジティブな歌詞に何故か元気を貰えます。

 

ソラの旅の想い出。

 

ナポリは私も一度行きましたが、やはり本場のナポリタンは衝撃的に美味しかったです。

 

温暖な気候で、トマトがたくさん採れるので、ナポリタンはトマトソースがベースとなっているのですね。

 

「ナポリを見てから死ね」

 

という昔からの格言があるくらい、世界的に美しい街ですが、ナポリ湾は、鹿児島の錦江湾(きんこうわん=桜島が浮かんでいる湾)の方が素敵でした。

 

そして、なんとベスビオ火山は我が街から見上げる山にソックリでした!

 

イタリアツアーには同じ街の人が4人参加していましたが、

 

「(自分の街に)もう帰ってきた?」

 

「懐かしいねー。」

 

と口々に言いました。

 

山だけではなく、そのバックにある空の色も同じなのです。

 

もしかしたら生まれ変わる以前はナポリ人として生きていたのかもと思いました。

 

世界一美しい街に似ている私の街は、本当は綺麗な街なのかも?と思ったりして。

 

ただのど田舎なのですが。

 

ですので、何故か世界有数の観光地ナポリに勝手に親近感を持ちました。

 

またナポリタンを食べにナポリに行きたいです。

 

まとめ

 

「有村架純の映画『コーヒーが冷めないうちに』の店名が『フニクリフニクラ』なのは、きっと劇中にヒントがあります。」

 

「フニクリフニクラの曲は、イタリアのナポリ民謡。歌詞の意味は、ケーブルカーで山のてっぺんまで上がる時に明るくプロポーズしている。フニクリフニクラはケーブルカーの愛称。」

 

以上です。

 

いかがでしたでしょうか。

 

ご一読ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.