芸能

大本萌景が事務所から受けた酷すぎるパワハラとは⁉︎愛の葉girlsの現在は?

投稿日:

Pocket

愛媛県のご当地農業アイドル「愛の葉girls(えのはガールズ)」の主要メンバーだった大本萌景(ほのか)さん。

 

残念ながら自らの命を2018年3月に絶ち、還らぬ人となりました。

 

この度、遺族が、所属事務所にたいしてパワハラの損害賠償を請求するため、訴訟を起こしました。

スポンサーリンク

 

 

今回調査するのは

 

「大本萌景さんが事務所から受けていた酷すぎるパワハラとは?」

 

「愛の葉girlsの現在は?」

 

以上の2点です。

 

それでは1つずつみてみましょう。

 

「大本萌景さんが事務所から受けていた酷すぎるパワハラとは?」

 

大本萌景さんは、愛媛県松山市出身の16歳でした。

 

中学生の時に、ご当地農業アイドルの愛の葉girlsに憧れて、オーディションに合格。

 

晴れて、アイドルの道へと進みまはじめました。

 

明るくて華がある存在感でみるみるうちにグループのリーダーとなりました。

 

正義感が強く、真面目な性格。農業アイドルですので、月1度の農業も、一から一生懸命頑張りました。

 

ブログを拝見しましたが、たくさんの人に身体にいい農産物を知って、生活に取り入れて欲しいと書いてありました。

 

ブログから、本当に真面目でいい子なのが伝わってきました。

 

美しい心を持った萌景さんが、もうこの世界にいないのかと思うと、残念でなりません。

 

萌景さんは、愛の葉girlsの活動を最優先に考えて、高校を通信制にしていました。

 

しかし、通信制とはいえ、必ず登校しなくてはいけない日が決められておりました。

 

その登校日と愛の葉girlsのイベントが重なってしまうことが多々ありました。

 

大事な単位をとるための登校ですので、もちろん普通はそちらが優先です。

 

ところが、事務所からは「学校を休んで、イベントに出るように。」と言われました。

 

中学校は義務教育ですので教育委員会に保護者がいえば、事務所の事を調べられますが、高校はそうではありません。

 

ラインの言葉は厳しく、

 

「お前の感想はいらん。学校の判断と親御さんの判断の結果をそれぞれ教えろ。」

 

「なぜ学校がダメと結論したのか、親御さんがダメと判断したのか、その理由だ。」

 

「その理由によって、今後事務所はお前の出演計画を考えにゃならん。そこまで考えて物を言え。」

 

という暴言にも似た言い方でした。

 

はじめは大勢いたメンバーが、5人にまで減ったのも納得の恐ろしさです。

 

1日の拘束時間が12時間を超えることもあったり、26時(深夜2時)解散という事もありました。

 

正にブラック企業です。

 

スポンサーリンク

 

 

ある日、どうしても学校に行けずに、単位を落としてしまいました。

 

そこから、土日が休みの全日制の高校に転校してはどうかと事務所から言われます。

 

平日も学校に行けないのに、どうやって両立させればいいのか、萌景さんは相当悩みました。

 

そしてあと1年半だけは愛の葉girlsを頑張って、それから脱退したいと事務所に言うと、激怒されて

 

「また寝ぼけたことを言い出したらぶん殴る」

 

とラインがきました。

 

亡くなる直前の2018年3月には、社長から、「辞めるなら1億円払え。」と言われたそうですが、事務所は否定しています。

 

正に死人に口なし。ですね。

 

現在、事務所に問い合わせても、担当者が不在の為お受けできませんと言うだけです。

 

「愛の葉girlsの現在は?」

 

では、愛の葉girlsは現在どうしているのでしょうか。

 

2018年の3月、大本萌景さんの死に際して、愛の葉girlsも活動を中止しています。

 

愛の葉girlsを全国区のアイドルにしたくて頑張っていた大本萌景さん。

 

事務所がもっと大本萌景さんたち愛の葉girlsが、活動しやすい環境を与えくれていたら、全国区になる道も開けていたのではないでしょうか。

 

あの安室奈美恵さんとMAXのいた「スーパーモンキーズ」も、はじめは本土(北海道から鹿児島までの九州)の地方局まわりでした。

 

華丸大吉さんが、「あの時はお互い九州で、東京目指して頑張っとった。」と言っていました。

 

安室ちゃんだって、はじめはご当地アイドルだったのです。

 

ですから叶わない夢ではなかったのです。

 

大本萌景さんは、出来ることは精一杯、頑張りました。

 

現在、お母様、お姉さん、弟さんは大変な精神的苦痛を感じていらっしゃいます。

 

特にお母様は、ご自分を責めていらっしゃいますが、萌景さんは今でも、お母様に対して愛情しかないはずです。

 

ご自分を責めると、優しい萌景さんが心配されると思うので、責めることだけはしないでいただけたらな、と思います。

 

 

まとめ

 

「大本萌景さんが事務所から受けていた酷すぎるパワハラは、ラインによる暴言と、学校を休ませて仕事をさせた。時には拘束時間は12時間に及んだ。」

 

「愛の葉girlsの現在は、2018年3月をもって活動を中止しています。」

 

以上です。

 

大本萌景さんのご冥福を心からお祈りいたします。

 

ご一読ありがとうございます。

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.