芸能

岡田朋峰がミスインターナショナルに選ばれた原因は!?画像で検証!!

投稿日:

Pocket

故岡田真澄さんの一人娘、岡田朋峰(おかだ ともみ)さんがミスインターナショナル日本代表に選ばれました。

2ch(にちゃんねる)での評判は高くありません。

岡田朋峰さんは何故ミスインターナショナルに選ばれたのでしょうか。

お父さんが故岡田真澄さんだから特別扱いされたのでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

今回調査するのは

 

「岡田朋峰がミスインターナショナルに選ばれた理由は?」

 

「岡田朋峰を画像で検証しよう!」

 

以上の2点です。

 

それでは1つずつみてみましょう。

 

「岡田朋峰がミスインターナショナルに選ばれた理由は?」

 

選ばれた審査員から厳正な審査にて選出されました。

 

岡田朋峰さんは、俳優の故岡田真澄さんの一人娘です。

 

岡田真澄さんは「ファンファン」というニックネームでしたが、ファンファンとは、フランスの人気俳優さんジェラールフィリップの愛称でした。

 

とんねるずのバラエティ番組の1コーナーで「大佐役」をしたことから「ファンファン大佐」といってお茶の間の人気者になりました。

 

デンマーク人の血をひく岡田真澄さんは、エキゾチックでエレガント。

 

今回、岡田朋峰さんがグランプリに輝いたミスインターナショナルの司会も長年務めました。

 

天国のお父様も、大変喜んでいらっしゃるのではないでしょうか。

 

岡田朋峰さんは、岡田真澄さんが63歳の時に生まれました。

 

現在20歳です。

 

7歳の時に70歳でお父様の岡田真澄さんを亡くされました。

 

小さい頃から「常にエレガントでありなさい。」と、そこだけは厳しく育てられたそうです。

 

2chでは、

 

「完全なコネ。」

 

「斜視だよね。」

 

「福笑い顔。」

 

などと、美人という表現は聞こえず、以前にミスインターナショナルの司会をしていた岡田真澄さんの娘だから選ばれたのだろうという意見が大半です。

 

しかし、やはりグランプリには美形で身長も高くないと選ばれないと思いますし、世界に通用する会話力が必要です。

 

岡田朋峰さんは、それを充分に満たしているのではないでしょうか。

 

確かに斜視っぽいですが、そこが魅力だと感じる人もいますし、審査員が、完全なシンメトリー顔を美人の定義としていなければ、グランプリもありえます。

 

世界の社交界に出て、一歩を引けを取らない、一瞬で相手の心を掴む力がある人がグランプリに相応しいですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

「岡田朋峰を画像で検証しよう!」

 

では、岡田朋峰さんは本当にあまり美人ではないのでしょうか。

出典元:https://wadaii.com

いや、充分美しいです。

 

確かに両目がシンメトリーではないのでそこがちょっと気になるかな・・・。

 

小さい頃から、お父さんの岡田真澄さんからテーブルマナーを教えられていた岡田朋峰さん。

 

立ち姿もさる事ながら動くときっと素敵なのではないでしょうか。

 

もしかしたら、今の日本人が忘れていた「品」のようなものへの意識を、取り戻すきっかけになるかも知れませんね。

 

まとめ

 

「岡田朋峰がミスインターナショナルに選ばれた理由は、美しさとエレガントさ。」

 

「岡田朋峰を画像で検証。確かに少斜視気味ではありますが、充分に美しいです。」

 

以上です。

 

いかがだったでしょうか。

 

私ソラが以前通っていたクラシックバレエ教室の先生が、ダンスウェア最大手のチャコット(本社は東京都渋谷区)の東京のパーティに参加した時の司会も岡田真澄さんだったそうです。

 

岡田真澄さんが司会というだけで、パーティの質がグン!と上がったのではないでしょうか。

 

素敵ですね。

 

ご一読ありがとうございます。

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.