芸能

ワンオクtomoyaのフライデーと元メンバー脱退の関係は!?takaへのNEWSの呪いは大丈夫?

投稿日:

Pocket

フライデーに、高校生の少女との不適切な関係の記事が掲載されたワンオクのtomoyaさんです。

若者を中心に、世界的に大人気のONE OK ROCK。

tomoyaさんはそのドラムを担当しています。

いとうあさこさんに少し似た(?)感じの優しいお兄さんと呼ぶのがふさわしい、tomoyaさん。

ワンオクは、不祥事の末に脱退したメンバーもいます。

スポンサーリンク

 

 

 

今回調査するのは

 

「ワンオクtomoyaのフライデーと元メンバーの脱退の関係は?」

 

「ワンオクtakaに、NEWSの呪いは大丈夫?」

 

以上の2点です。

 

それでは1つずつみてみましょう。

 

「ワンオクtomoyaのフライデーと元メンバーの脱退の関係は?」

 

ワンオクtomoyaの今回のフライデーに掲載されるのは、7年前に16歳の女子高生と不適切な関係を持ったとされる証拠写真です。

 

しかし、ファンのみなさんは、何があってもtomoyaを信じているし、真摯に謝罪するtomoyaさんのコメントで、やはりtomoyaさんはいい人だったとまずは一安心しています。

 

今のところ、ワンオクロックが活動休止の発表はないようです。

 

ところが、ワンオクには、かつてメンバーが不祥事を起こし脱退、バンドが活動を自粛するといった事があったのです。

 

2009年の事です。

 

バンドメンバーの一人アレク(現在はフォトグラファーとして修行中)が、電車の中で当時21才の女性の太ももを触るという痴漢行為をはたらきました。

 

この不祥事により、アレクはワンオクを脱退。

 

ワンオクは活動を自粛する事となりました。

 

当時は確かに、今のように世界的にファンがいるワールドワイドなバンドではありませんでした。

 

しかし、有名なアニメのオープニングテーマを手がける事も決まっていました。

 

アレクの不祥事により、児童や、青少年が観る可能性が高いアニメの主題歌としてはふさわしくないとなり、主題歌は降板。

 

他のアーティストの曲に差し替えとなりました。

 

結構厳しい事務所として有名なアミューズ。

 

私もワンオクの1ファンとして、今のところ、活動休止ではないとホッと胸を撫で下ろしています。

 

でも、前回のアレクの不祥事に対する厳しい処分を思い出すと、事務所からの正式なコメントがない限り、まだちょっと不安です。

 

ワンオクはまだまだ上に行けるバンドだと思うので、ここで立ち止まって欲しくないのですが。

 

アレクの不祥事は9年前、tomoyaの不祥事はその2年後です。

 

今回のtomoyaの不祥事が事実であるとすれば、アレクの脱退、バンドの活動自粛を経て、気を引き締めるべき時だったのではないかと思います。

 

もちろん、その時にまさか今のような世界的な大人気アーティストになるなんて思っていなかったのでしょう。

 

残念だとしか言えませんが、今は結婚して、お子さんもいる身ですので、これからは夢に向かって頑張って欲しいです。

 

スポンサーリンク

 

 

「ワンオクtakaにNEWSの呪いは大丈夫?」

出典元:https://lineblog.me

 

今回のtomoyaのフライデーで、1番心を痛めているのは、紛れもなく他のメンバーたちです。

 

tomoyaは、バンド経験も豊富で、ワンオクのまとめ役だったのです。

 

中でもボーカルのtakaは両親は森進一、森昌子という家庭に育ち、ジャニーズ事務所のNEWSに参加、対人関係に悩み脱退。

 

両親の離婚や居場所がなくてアルバイトをしている時に、toruに誘われてワンオクに参加しました。

 

そこで初めて見つけた自分の居場所がワンオクでした。

 

しかし、ワンオクのメンバーは、個性派揃い。

 

脱退はアレクの他にもう1人いました。

 

その度に、takaは森進一、森昌子の息子で、元NEWSのメンバーであることが面白可笑しく書きたてられました。

 

それでも、前だけを見て突き進んできました。

 

その勇気ある姿勢に、ファンもパワーをもらっています。

 

ここで、まことしやかに噂されているのがNEWSの呪いです。

 

それは、現在のNEWSの現状をご覧になれば一目瞭然ですね。

 

加藤シゲアキさんが金田一耕助をする事が決まり、徐々に以前の活動に戻りつつあります。

 

雨降って地固まるとなるといいのですが。

 

NEWSの不祥事が起こる度に、ワンオクのtakaにも多かれ少なかれ飛び火するので、皆んな落ち着いて欲しいですね。

 

まとめ

 

「ワンオクtomoyaのフライデーは7年前。元メンバーの不祥事からの脱退は9年前。活動休止になるかどうかは正式発表が待たれる。」

 

「ワンオクtaka自身にNEWSの呪いはありません。今回のtomoyaのフライデーで最後になるといいですね。」

 

以上です。

 

いかがでしたでしょうか。

 

ご一読ありがとうございます

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.