矢沢あいの復帰はいつ?2020年現在の病状に関しての様々な噂は?

スポンサーリンク
エンターテインメント

2020年現在でも、多くのファンを持つ矢沢あい先生。

 

一大ブームとなり映画化、アニメ化もれた「NANA」をはじめ、「天使なんかじゃない」、「ご近所物語」、「パラダイスキス」など。数々の名作を生みだしてきました。

 

今は病気療養中ですが、復帰が待たれます。

 

病状は何なのでしょうか。

スポンサーリンク

調査するのは

 

「2020年現在の病状に関する噂とは?」

 

「矢沢あいの復帰はいつ?」

 

以上の2点です。

 

それでは1つずつみてみましょう。

アニメ版DVDセット。

 

特典映像も付いています。

 

「2020年矢沢あいの現在の病状に関する噂とは?」

 

2020年現在、矢沢あい先生の体調は、かなり良くなっているとのことです。

 

2020年の1月に発表された、あい先生のスペースチャンネル5の20周年にイラスト。

 

少しづつ快方に向かわれているようです。

 

とにかくイラストが超キュート!

 

矢沢あいさんは、2009年に倒れてから漫画は休業状態です。

 

10年経った現在、復帰への期待が高まります。

 

2009年に女性専門(婦人科系疾患)の病院に通院しているとの目撃の投稿がありました。

 

矢沢あい先生もインタビューでこの事を認めています。

 

インタビューの中で、25年一緒にいる恋人について聞かれた中で、病状についてこう応えています。

 

「ああ、彼は元気です。

 

彼も

 

『気長にやっていこう。

 

体を治せば、また好きなマンガが描けるから』

 

って私を支えてくれています。

 

どんな病気かいっさい言ってないせいで、皆さん心配してくださっているみたいなんですけどね。

 

決して治らない病気にかかっているわけではないんです。

 

なので、どうか私に時間をください。

 

『気長に治療をすれば、少しづつ回復していく』

 

と、医者の先生もおっしゃってくださっているので。

 

この矢沢あいを信じて、ファンの方には見守っていただければなと思っています」

 

出典元:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1739125/

 

これは10年前の2010年のインタビューです。

 

10年は長いようですが、病気を完治させるには決して長くはありません。

 

ワンコインでいつでも「NANA」と一緒。

 

サイトに行ったら「NANA(大文字)」で検索!

 

ライバルだった「さくらももこ」さん

「ちびまる子ちゃん」

楽天で全巻セット購入可能。

 

2018年8月15日に人気漫画「ちびまる子ちゃん」の作者で漫画家のさくらももこさんが53歳の若さでお亡くなりになりました。

 

乳がんでした。

 

日本中のかつては「まるちゃん」だった大人の女子の喪失感は計り知れません。

 

ちびまるこちゃんが月間少女マンガ雑誌「りぼん」に掲載されていた頃の漫画家達も、体調不良を理由に引退や休業しています。

 

※2020年10月には「きまぐれオレンジロード」で有名なまつもと泉さんがお亡くなりになりました。

 

また一人、時代を作った大人気漫画家がこの世を去りました。

 

「NANAが青春」という方々と同じように、「気まぐれオレンジロードが青春」という方がたくさんいます。

 

本当に惜しい方を失いました。

 

謹んでお悔やみ申し上げます。

 

矢沢あいの病名は。

 

さくらももこさんが患っていたのは、婦人科系疾患の「乳がん」です。

 

しかし、乳がんの発覚で「倒れる」ということはありません。

 

倒れるのは乳がんのガン細胞がどこかに転移している場合です。

 

乳がんは、なる際に胸に何らかの異変が起こり、自分で気がつける病気なので、発見は早いと思います。

 

でも、2009年以前からもしかしたら乳がん関係で通院されていたのかも知れませんね。

 

また、子宮に関する疾患の可能性もあります。

 

矢沢あいさんの病名は明らかにされていません。

そのため様々な憶測が流れていますが有力視されているのが鬱病のような精神的な病気。

矢沢あいさんが「心と体が健康になるための医療センター」に通っているという記事が女性誌に掲載された事から精神的な病が原因と言われているようです。

 

出典元https://asuneta.com/archives/48695

 

ネットでは、「鬱病」のような症状ではないかとも書かれています。

 

スタイリストさんになる事も夢の一つだった矢沢あい先生。

 

締め切りに追われ、机にかじりついている毎日はしんどかったのかもしれません。

 

しかし、最近の女性誌のインタビューでは明るく答えていらっしゃいます。

 

発病当時は体調不良で、気持ちが沈んでいたのでしょうね。

 

宇多田ヒカルさんや松浦亜弥さんなどもかかった(またはまだ抱えている)子宮内膜症などであれば、疲れやすくて無理は出来ない病気だとされています。

 

宇多田ヒカルさんも松浦亜弥さんも子育てをしながら病気と付き合っているようなので、もし矢沢あいさんが子宮内膜症ならば、命に関わるものではないかもしれませんね。

 

しかし、マンガを描くのは、大変な重労働。

 

なので、まだ完全復帰とはいかないのでしょう。

 

婦人科系疾患に伴う1番怖い病気が貧血です。

 

矢沢あいさんの体調不良も貧血の影響も少なからずはあると思いますので、ゆっくりと静養して、徐々に復帰して欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

「矢沢あいの復帰はいつ?」

 

それでは矢沢あいさんの復帰はいつなのでしょう。

 

なんと2017年に歌手の「JUJU」の「いいわけ」のジャケットのイラストを描いています。

JUJU 「いいわけ」×矢沢あい インスパイアードムービー

歌声とイラストの融合が素晴らしくて・・・。

 

たくさんの人に見て欲しい。

 

JUJUさんの歌なので

 

番組共演していた三浦春馬さんの事も

思い出してしまった。

 

 

すごくステキ!

 

徐々に復帰への期待が高まりますね。

 

しかし、他の漫画家さんがSNSで書いていましたが、

 

「先生たちは血ヘドを吐きながら漫画を描いている。」

 

というように、漫画を描くというのは想像を絶する労力が必要なようです。

 

「NANA」のファンも、ゆっくり待つと言っているので、ゆっくり待ちましょう。

 

完全復帰に関しては、残念ながらまだ公表されていませんが、病気もほぼ良くなっているようなので、後1~2年位ではないでしょうか。

 

ゆっくり、楽しみに待ちましょう。

本当に名作中の名作。

「NANA」

新品全巻セットが予約できます。

 

「 NANA-ナナ」以外の矢沢先生の作品も揃っています。

 

一気読みしてキュンキュンしましょう。

あなたへのおススメ

まとめ

 

ユニクロで販売されたりぼん65周年コラボUT

 

「ご近所物語」のTシャツカワイイ。

 

背中も可愛いです。

 

もちろん、瞬く間にソールドアウト。

 

またやってほしいですね。

 

次こそゲットしたいです。

 

「2020年現在の病状に関する噂は、婦人科系の貧血を伴う女性固有の病気なのではないか。」

 

「矢沢あいは2017年にイラストで復帰。完全復帰が心待ちにされている。」

 

以上です。

 

いかがでしたでしょうか。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

おまけ NANAはどうしてヒットしたの?

多くの人が口を揃えてこう言います。

 

「矢沢あい先生のマンガは別格。」

 

私もそう思います。

 

美しいブランドの服は、仕事も恋にも立ち向かう「戦闘服」。

 

作品のそこここにちりばめられる魂のこもった言葉。

 

憧れの存在でもあり、すぐ近くに感じる事もある。

 

そんな漫画に出会わせてくれました。

 

大きな時代の荒波に飲み込まれそうな、たくさんの女性達の背中を押してくれたのが、矢沢あい先生の「NANA」だったのです。

 

『NANA』のヒット要因として物語構造の特徴も挙げられるだろう。

 

ダブルヒロインのうち大崎ナナを「女性の主体」、小松奈々を「男性の客体」として描き、お互いの不足した部分を支え合いながら、仕事と結婚、主客両方の夢を実現させていくストーリーは、働く世の女性の心を打った。

 

安野モヨコが「女子力」という言葉を使って仕事と女性の美の両立を訴えたのが2001年の事だ。

 

このキャッチフレーズは09年にユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされ、00年代の女性の合言葉になった。

 

『NANA』はそうした時代の潮流を先取りし、作品に落とし込んでいた。

 

矢沢あいが『ご近所物語』や『Paradise Kiss』から通じて発信し続けたメッセージは、主体性を発揮した女性への励ましの言葉に、時には叱咤となって、当時の世相にぴったりマッチしたのだった。

出典元https://news.yahoo.co.jp/articles/dfcd6bb767eb3eda9b6bff6e1afe09c0f5d06781

「女子力」。

 

今では本当に日常の言葉として定着していますよね。

 

「女子力が高い」っていうのは、ただ単に「女らしい」ってわけではないのです。

 

そこに「人間性」や「強さ」への尊敬の念が込められています。

 

「NANA」の持つ、底なしのパワーが、あの頃からかわらず、今となっても色褪せないのですね。

 

大人買いのチャンス。

あの時の自分に戻って読もう。

 

 

また一つの星が・・・。

スポンサーリンク

コメント

  1. める より:

    NANA捨てようか売ろうか迷ってラストないじゃんって気づいてラスト欲しいなーって思いました。

    どんな結果だろうと受けとめます。

    大まかに言って同年齢の作者様。
    止まってたこと、終わりにしないとそろそろいけない年齢です。と思います。ガラスの仮面も再開しました。長い時間止まってるとどーでも良くなるし、もういいやってなるけど、やっぱ気になるので私はもっぱら捨てるか売るかしてます。

    スッキリします。ってコメント欄借りて作者にラブコール送ってしまい申し訳ありません。

    • ソラ ソラ より:

      めるさま

      コメントありがとうございます!

      めるさまの作品へのお気持ちが伝わって、ジーンとしました。

      本当にラストが知りたいですよねー。

      どんな結果でも受け止められる・・・。
      めるさまはステキな方なのだろうなあと、感動いたしました。

      あい先生も、少しづつお仕事をされているので、もしかしたら・・・。

      私も影ながら、ラストを強く希望したいと思います。

      また何かございましたら、いつでもお越しくださいね。

      お待ちしています。

      ソラ