佐伯チズを騙した元マネージャーは誰?今どこに?損失2億円の手口は?

スポンサーリンク
ニュース

コットンを使ったハトムギ化粧水のローションパック美容法で大人気の佐伯チズさん。

 

クレンジングなどの化粧品や、ご自身のサロンも好評です。

 

シミの消し方など習いたいです。

 

そんなチズ先生が、2017年12月の雑誌のインタビューにて、元マネージャーによる会社乗っ取りの事実を明かしました。

 

後継者とも黙されていたAさんというその人が、会社を乗っ取り、佐伯チズさんは資金も仕事も信用も失い、完全に孤立します。

 

元マネージャーAさんは、誰なのでしょう。

 

また、現在はどこにいるのでしょうか。

 

チズさんは2020年3月23日、難病のASLの発症を公表しました。

スポンサーリンク

2億円ともいわれる損失の手口はどのようなものだったのでしょうか。

 

気になります。

 

今回は、佐伯チズさんを騙し、裏切った元マネージャーが誰でどこに住んでいるのか、2億円ともいえる損失の手口はどのようなものだったのかに迫ります。

 

調査するのは

 

「佐伯チズの元マネージャーは誰?」

 

「佐伯チズの元マネージャーはどこ?」

 

「佐伯チズが2億円を失った元マネージャーの手口は?」

 

以上の3点です。

 

それでは1つずつみてみましょう。

 

「佐伯チズの元マネージャーは誰?」

 

おそらく水井真理子さんという女性です。

出典元:https://holics.jp

今は、なんと佐伯チズ先生と同じ美容界という同じ土俵で、美容コンサルタントとして大活躍しています。

 

スゴイ…。

 

肝が座っていますね。

 

私は、佐伯チズ先生の会社を乗っ取ったら何処かに雲隠れするか、佐伯チズ先生から奪った商標登録料で遊んで暮らしているかと思っていました。

 

経歴に書いてある、

 

「30代は美容家のマネジメントに携わる」

 

というのが佐伯チズ先生の事ですね。

 

「佐伯チズに師事。」

 

の方が、イメージがいいと思うのですが・・・。

 

また、ネットでも特定されているし、佐伯チズ先生の古希のパーティに出席した人のブログにも

 

「佐伯チズ先生の右腕」

 

と書かれています。

 

水井真理子さんでほぼ間違いないでしょう。

スポンサーリンク

 

「佐伯チズの元マネージャーはどこ?」

 

事務所などの所在を探しましたが、見つかりませんでした。

 

個人情報漏洩に気を使っているのでしょうか。

 

まあ、住所まではネットに誰も明かしませんから。

 

でも、会社をしているなら会社の住所はどなたも公表しますよね。

 

SNSも駆使して、美容雑誌、美容系サイトなどでバンバン活躍しています。

 

大金を持って雲隠れ…。

 

という感じではなく、どちらかというと、佐伯チズ先生を踏み台にして、自分が表舞台に出た感じですね。

 

さすがやり手。

 

言うことも、魅せ方も本当に良く出来ていて、美容だけでなく、精神的な面や食事なども取り入れたホリスティック(全体的な)美容法を提唱しています。

 

まさに、美容界のトレンドのど真ん中にいる感じです。

 

有能でしょうし、提唱しているホリスティック美容法は本当に素晴らしいと思いますが、チズ先生との事を知ったら、この人の言う事、なんだか聞きたくない気がしますね。

 

ホリスティック美容法って?

 

水井さんが、やっているからと言って、ホリスティック美容法には、なんの罪もありません。

 

 

逆に、食事や運動を取り入れる、素晴らしい健康法です。

 

ただ、ちょっとスピリチュアルな部分もあるので、そこは自分で取り入れるところだけをピックアップすればいいのではないでしょうか。

 

ホリスティック(holistic)とは、ギリシア語のHOLOSを語源としています。

 

内容は、全体、関連、バランス、つながりを意味しています。

 

体はもちろん、目には見えなない「気」なども取り入れた健康療法です。

 

近年、ハリウッドセレブなどから注目されて、人気が高まっています。

 

わかりやすい内容としては、「食事」「睡眠」「運動」です。

 

読んでみると普通ですよね。

 

たとえば、「食事」だと、えごま油キアヌなどのスーパーフード。

 

「運動」だとヨガ

 

「睡眠」は、よく寝ることを推奨しています。

 

これをハリウッドセレブがやっていることから、なんとなくオシャレ感が漂いますよね。

 

語源となっているギリシア語のholosは、おそらく英語の「Whole(ホール)」ですね。

 

Wholeは、英語で「全体」という意味を表します。

 

「ホールケーキ(切り分けていない大きな丸いケーキ)」、「ホールトマト(トマト1個丸ごと)」など、カタカナ日本語として日常的に使われているものもありますね。

 

「佐伯チズが2億円を失った元マネージャーの手口は?」

 

新たな化粧品シリーズの販売を立ちあげて、銀座に美容サロンと美容学校を設立した佐伯チズ先生。

 

しかし、その新たな化粧品シリーズは全て水井真理子さんに任せていました。

 

チズ先生がわからないところで、資金がどんどん膨らんでいって、水井真理子さんから使途不明金として2億円を用立てる様にいわれます。

 

あまりの大金に始めは躊躇していましたが、

 

「先生の古希のお祝いパーティもしたいし。」

 

などと嬉しい言葉を言われて、2億円を出資。

 

しかし、その後、水井真理子さんは佐伯チズ先生に辞表を突きつけます。

 

こうして佐伯チズ先生は、お金も、会社も、信用も全てを失ってしまいます。

 

ご高齢になっても精力的に頑張っていたのに、裏で水井さんは「佐伯ももう年ですから。」と、テレビの出演も断ったりしていました。

 

佐伯チズ先生を、じわじわと孤独にしていった水井さん、本当に今、幸せなのでしょうか。

 

佐伯チズ先生とASL

 

2020年3月23日、佐伯チズさんは難病のASL(筋萎縮性側索硬化症)を発病したことを公表しました。

 

名前の通り、筋肉の萎縮により、体の自由が利かなくなる病気です。

 

「半年ほど前から右足に違和感を感じ、昨年末には思うように動かすことができなくなりました」

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000169-spnannex-ent

こんなことがあるのでしょうか。

 

ただ一生懸命に美容の道をまい進されていたのに。

 

「『もっと自分を大切に。自分らしくなるのよ』

 

って言ってきた人間がこんなことになってしまって…」

 

と目に涙を浮かべた佐伯さん。

 

それでも、病との闘いに「諦めません。負けません」と力強く宣言し

 

「頑張ります。よろしくお願いします」と呼びかけた。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000169-spnannex-ent

 

私も病気の進行が遅れることを願っています。

 

チズ先生のアドバイス通り、忙しいからと言って、体の声を聴かずに過ごすのをもうやめて、自分を大事にしたいと思います。

 

それが周りの人達の幸せにもつながるのだと信じて。

 

チズ先生が病気に負けないように、私も心から祈っております。

 

※チズ先生の後継者は、弟さんの息子さんである甥っ子さんに決めてあるそうです。

 

経営をお手伝いして下さる親族がいてよかったですね。

まとめ

 

「佐伯チズの元マネージャーは水井真理子。」

 

「佐伯チズの元マネージャーの事務所などの情報は公表されていません。」

 

「佐伯チズが2億円を失った元マネージャーの手口は、使途不明金として騙しとり、おまけに標章登録、顧客名簿、信用を失った。」

 

以上です。

 

いかがでしたでしょうか。

 

佐伯チズ先生、現在は病気と闘いながら、自宅と病院を行き来されています。

 

病気ではありますが、できる限りの事は続けるそうです。

 

動画を拝見して、ちょっとホッとしています。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

佐伯チズのUVクリーム。

もちろん美肌も叶えます。

チズ先生のスキンケアと宇垣アナのメイク法でカンペキ!

スポンサーリンク

コメント

  1. […] >>17 水井真理子って女みたいね https://kininarulife.com/archives/1204 […]

  2. […] >>17 水井真理子って女みたいね https://kininarulife.com/archives/1204 […]