" /> ベッキーのセンテンススプリング発言で炎上!!文春の反応と英語としての正しさは!? | WONDERFUL PLUS

ベッキーのセンテンススプリング発言で炎上!!文春の反応と英語としての正しさは!?

エンターテインメント

ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(えのん)さんと不倫の噂があったベッキーさんです。

 

今までは元気でポジティブなイメージで、不倫とは無縁に思えた彼女は、10社以上のスポンサーを抱えて、CMにでる度に3000万円以上のギャラを稼ぎ出していた売れっ子でした。

 

一度目のライン流出問題では、一応静観していたスポンサー各社が、一斉にベッキーさんの事務所に異議を申し立てはじめました!

 

それが今回発売された文春に載っていた、あの神妙な記者会見後に川谷絵音さんと交わされたラインのやり取りです。

 

そこには「文春」の隠語としてベッキーが「センテンススプリング」と表記されていました。

いったい何が起こっているのでしょうか?調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

今回調査するのは

 

「ベッキーのセンテンススプリング発言で炎上!!」

「ベッキーのセンテンススプリング発言を受けて文春の反応は?」

「ベッキーが作ったセンテンススプリングは本当に正しいの?」

 

以上の3点です。

 

「ベッキーのセンテンススプリング発言で炎上!!」

 

この「センテンススプリング」とは「文春」を一語ずつ切って、文=センテンス、春=スプリングと呼んだベッキーさんならではの造語です。

 

以下がベッキーさんが会見後に川谷絵音さんと交わしたラインの内容です。

 

ベッキー:友達で押し通す予定!笑

川谷:逆に堂々とできるキッカケになるかも

 

ベッキー:私はそう思ってるよ!

 

川谷:よし!

 

ベッキー:そうとしか思えない。

 

川谷:ありがとう文春!

 

ベッキー:オフィシャルになるだけ!

ありがとう文春!

 

川谷:感謝しよう

 

ベッキー:うん!

それに不倫じゃありません!

 

川谷:うん!

 

ベッキー:略奪でもありません!

 

川谷:うん!

 

ベッキー:センテンススプリング!

 

これがネットに流出。

 

ベッキーのツイッターのアカウントはコメントが相次ぎ大炎上!

 

大変な騒ぎになりました。

 

1月7日の時点で25000フォロワーに増え、コメントもベッキーに同情的なものも多かったが、今回のこのラインのやり取りが掲載された文春の記事により、批判的な意見が多数書き込まれいるもようです。

 

スポンサーリンク

「ベッキーのセンテンススプリング発言を受けて文春の反応は?」

 

ベッキーにラインのやり取りの中で話のネタにされた文春。

 

もしかしたら「なんだ!バカにして!!」とさぞかし怒っているだろうと思っていました。

 

しかし!文春が1月21日に発売した紙面には「ベッキーからお礼言われた!褒められた!」とめちゃ喜びでいる内容が書かれていました。

 

冷やかし的でも、嫌味な感じでもなく、本当にうれしそうなイメージを受けました。

 

ある意味大丈夫なのでしょうか、文春。

 

「ベッキーが作ったセンテンススプリングは本当に正しいの?」

 

まず、ネイティヴ的にはアウトです。

なんで漢字の意味で伝えなきゃならないの?

 

「bun-shun」ですむことでしょうというのがネイティヴの意見です。

「文」は色々な英語に訳せます。

 

Sentenceの他にLiterature(主に文学)やLetter(これは手紙ではなく、文字)でもよかったのでは?

 

と言われています。

 

ただ、sentenceは、ベッキーが故意に使ったのかもしれません。

 

「文章」の他に「刑罰」という意味があるのです。

 

でも、やっぱり偶然かな?あんまり罪の意識は感じてないみたいだし。

 

ソラの記憶

 

ところが、かなり以前、ベッキーと同じイギリス出身の男性の帰国のお別れパーティーをする事になりました。

 

彼から電話かわかかってきて 「we’ll have a party at ヨーサク.」と言われました。

 

店の名前はさしずめ「与作」だろうと思っていたところに

 

Do you need get about the meaning of the letter?
(漢字の意味も教えといた方がいい?)

 

と聞かれ

 

Of course !(もちろん)

 

というと、

 

That’s Yo is giving and SAKU is making !So, making and giving place.

 

(与が与えるで、作が作る。だから作って与えるって名前の店!)

 

と丁寧に教えてくれました。

 

今回のベッキー造語騒動で想い出したNice memoriesなのでした!

 

もしかしたらベッキーも日常で似た体験があったのかもしれませんね。

 

まとめ

「ベッキーのセンテンススプリング発言でツイッターは炎上!!」

「ベッキーのセンテンススプリング発言を受けて文春は素直に?喜んでいた!」

「ベッキーが作ったセンテンススプリングは間違いではないが、わざわざセンテンススプリングにしなくてもいい」

 

これからどうなっていくのか…

 

川谷絵音さんにもまた新たな女性タレントとの噂も出てきました。

 

これからもしばらくベッキーさんからは目が離せませんね!

 

※2019年現在、川谷絵音さんは普通に活躍中。

 

ベッキーさんは少しずつ地上波テレビに出ています。

 

以前のような人気者に戻るのはもう少し時間がかかりそうです。

ベッキー最近どうしてる?

才能はやはりスゴイ。

スポンサーリンク

コメント