ケフィア事業振興会の破綻の理由は⁈社長は女性⁈破産した今後は?

スポンサーリンク
ニュース

ケフィアといえば、「いいえ、ケフィアです。」

 

と、やずやのコマーシャルを思い出してしまいます。

 

しかし、今回家宅捜索されたケフィア事業振興会は、全く別の会社です。

 

社長は女性という噂と、破産した今後はどうなっていくのかについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

今回調査するのは

 

「ケフィア事業振興会の破綻の理由は?」

 

「社長は女性なの?」

 

「ケフィア事業振興会の破産した今後はどうなるの?」

 

以上の3点です。

 

それでは1つずつみてみましょう。

 

「ケフィア事業振興会の破綻の理由は?」

 

ケフィア事業振興会に出資法違反の疑いで、警視庁の家宅捜索が入りました。

 

ケフィア事業振興会自体は、通信販売会社です。

 

飯田市のかぶちゃん農園の関連会社です。

 

ケフィアと名前が付いているからには、始めはヨーグルトにとても似ていて、健康に良い、ケフィアを販売していました。

 

ケフィアは、ロシアなどで腸内細菌を増やす食品として食べられていました。

 

大手健康食品会社「やずや」の、「ヨーグルト、いいえ、ケフィアです」のコマーシャルがキャッチー過ぎて、やずやはすっかりとばっちりです。

 

このケフィア事業振興会、はじめはケフィアを販売していました。

 

次第に、自社で作った干し柿などの自然食品の年間購入を申し込みを勧めるようになります。

 

利益の10パーセントをバックするという美味しい話に、のった消費者は37000人。

 

すごい人数でビックリしました。

 

そんなケフィア事業振興会が破産しました。

 

負債は1000億以上にものぼります。

 

加工食品のオーナー制度での損失額は、1053億円。

 

負債額と損失額が類似しているのが気になりますね。

 

もう、オーナー制度に参加した人は泣き寝入りするしかないのかもしれません。

 

全貌が明らかになるといいですね。

 

スポンサーリンク

「社長は女性なの?」

 

社長は女性ではなく、男性です。

 

この女性社長と思われているのは、「ケフィア倶楽部」のロイヤルユキの佐藤ゆき子さんでした。

 

ケフィアは一緒ですが、こちらもとばっちり。

 

ケフィア自体のイメージがいいだけに、社名につけてしまうのでしょうね。

 

こちらは、カナダのケベック州のケフィアのフリーズドライとメープルシロップを輸入している、いたって真面目な会社です。

 

私も、カナダにいた時はフランス語教師がルームメイトだった事もあり、ケベック出身の人達と結構交流がありました。

 

ケベックは、フランス出身者が多く、第二公用語がフランス語の(第一公用語は英語)カナダの中でも、フランス語が主に話されます。

 

英語は通じないかもしれません。

 

おなじみのモンゴメリの「赤毛のアン」はプリンスエドワード島が舞台ですが、このケベック州の近くです。

 

「ケフィア事業振興会の破産した今後はどうなるの?」

 

残念ながらお金は帰ってこないようです。

 

オーナー会員になった方々の平均損害額は約300万円です。

 

ただ、半数は10万円以上20万円以下となっています。

 

これを数口購入というやり方のようです。

 

このご時世、100万円投資して10万円キャッシュバックがあったらうれしいですよね。

 

そんな消費者意識を巧みに利用して、ケフィア、とんでもないですね。

 

警視庁の調べで全てが明らかになる事を願ってやみません。

 

また、親会社と見られている「かぶちゃん農園」も、関係を否定しています。

 

干し柿はかぶちゃん農園で作られていますので、どこまで知らぬ存ぜぬが通用するかどうかですね。

 

ケフィア事業振興会も、かぶちゃん農園も、誠意ある対応が望まれます。

 

まとめ

 

「ケフィア事業振興会の破綻の理由は、おそらく、オーナー会員に約束の約380億円の上乗せ金額を支払えなくなったため。」

 

「社長は女性ではありません。

 

ケフィアがついた全く別会社の社長です。」

 

「ケフィア事業振興会の破産した今後は、警視庁の捜査となりますが、おそらくお金は戻らないでしょう。」

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

これ、普通に欲しい。

 

こちらも胡散くさい。

スポンサーリンク

コメント