ニュース

矢沢あいの復帰はいつ?2018年現在の病状に関しての様々な噂は?

投稿日:

Pocket

2018年8月15日に人気漫画「ちびまる子ちゃん」の作者で漫画家のさくらももこさんが53歳の若さでお亡くなりになりました。

乳がんでした。

日本中のかつては「まるちゃん」だった大人の女子の喪失感は計り知れません。

ちびまるこちゃんが月間少女マンガ雑誌「りぼん」に掲載されていた頃の漫画家達も、体調不良を理由に引退や休業しています。

今回は、とくにさくらももこさんがまだりぼんの投稿者だった頃、全く同時期に投稿し、さくらももこさんのライバル的存在だったマンガ「NANA」が代表作の矢沢あいさんに迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

調査するのは

「2018年現在の病状に関する噂とは?」

「矢沢あいの復帰はいつ?」

以上の2点です。

それでは1つずつみてみましょう。

 

「2018年現在の病状に関する噂とは?」

 

2018年現在は、かなり良くなっているとのことです。

矢沢あいさんは、2009年に倒れてから漫画は休業状態です。

9年経った現在、復帰への期待がたかまります。

2009年に女性専門(婦人科系疾患)の病院に通院しているとの目撃の投稿がありました。

さくらももこさんが患っていたのも婦人科系疾患の「乳がん」です。

しかし、乳がんの発覚で「倒れる」ということはありません。

倒れるのは乳がんのガン細胞がどこかに転移している場合です。

乳がんは、なる際に胸に何らかの異変が起こり、自分で気がつける病気なので、発見は早いと思います。

でも、2009年以前から乳がんで通院していたのかも知れませんね。

また、子宮に関する疾患の可能性もあります。

宇多田ヒカルさんや松浦亜弥さんなどもかかった(またはまだ抱えている)子宮内膜症などであれば、疲れやすくて無理は出来ない病気だとされています。

宇多田ヒカルさんも松浦亜弥さんも子育てをしながら病気と付き合っているようなので、もし矢沢あいさんが子宮内膜症ならば、命に関わるものではないかもしれませんね。

婦人科系疾患に伴う1番怖い病気が貧血です。

矢沢あいさんの体調不良も貧血が発端になっていると思いますので、ゆっくりと静養して、徐々に復帰して欲しいと思います。

スポンサーリンク

 

「矢沢あいの復帰はいつ?」

 

それでは矢沢あいさんの復帰はいつなのでしょう。

なんと2017年に歌手の「JUJU」の「いいわけ」のジャケットのイラストを描いています。

徐々に復帰への期待が高まりますね。

しかし、他の漫画家さんがSNSで書いていましたが、

「先生たちは血ヘドを吐きながら漫画を描いている。」

というように、漫画を描くというのは想像を絶する労力が必要なようです。

「NANA」のファンも、ゆっくり待つと言っているので、ゆっくり待ちましょう。

完全復帰に関しては、残念ながらまだ公表されていませんが、病気もほぼ良くなっているようなので、後1~2年位ではないでしょうか。

ゆっくり、楽しみに待ちましょう。

 

まとめ

 

「2018年現在の病状に関する噂は、婦人科系の貧血を伴う女性固有の病気なのではないか。」

「矢沢あいは2017年にイラストで復帰。完全復帰が心待ちにされている。」

以上です。

いかがでしたでしょうか。

ご一読ありがとうございます。

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© WONDERFUL PLUS+ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.