【ひきまる】12話は未公開シーン満載‼︎まふまふが明かすあの真実とは?

そらる

yahoo!動画とまふまふ達歌い手のコラボ企画、「ひきまる(ひきこもりでも〇〇したい)」。

 

大人気のまま、最終回の12回目を迎えました。

 

最終回にふさわしく、これまでの1話から11話を振り返って、感想を伝え合いました。

 

一緒に放送シーンを見るだけでも充分楽しそうだったのですが、未公開シーンもたくさん見れて、見応え充分の最終回でした。

 

まふまふは、最終回だから言える、あのシーンの真実を明かします。

スポンサーリンク

 

今回調査するのは

 

「ひきまる12話の未公開シーンは?」

 

「ひきまる12話でそれぞれの歌い手が見どころを紹介!」

 

「まふまふが明かす最終回だから言える真実!」

 

「感動!そらまふうらさかのひきまるコメント!」

 

以上の4点です。

 

それではご一緒に1つずつみてみましょう。

 

「ひきまる12話の未公開シーンは?」

 

⚫︎まず、5話のYahoo!に潜入して、まふまふが、動画を編集作業に手を加えた際のものです。

 

常に、そらると坂田の頭がメラメラパチパチと炎上させられていました。

 

⚫︎脱走チューで、うらたがニャンターをまく神回避のシーン。

 

足の速いニャンターをうらたが見事にまきます。

 

すごい!

 

⚫︎横浜アリーナの回。

 

うらたそらるに怒られる。

 

インタビューしているのを知らずに、ウェーイ!と楽屋に入ったうらた。

 

そらるにガチで叱られます。

 

後で、坂田に、

 

「なんかそらるさんに邪魔って言われたあ。」

 

と落ち込んで話に来たそうです。

 

しかし、このひきまるで、みんなますますとても仲良くなりました。

スポンサーリンク

「ひきまる12話でそれぞれの歌い手が見どころを紹介!」

 

1話目

まふまふの思い出は、そらるのハモリシーンの大幅カットです。

 

まふまふがそらるの真似をしながら

 

「ここ恥ずかしいからカットしてー!ここもカットして!と言ってくるからなくなっちゃった。」

 

と言っていました。

 

そらる本人は、

 

「自分で自分のハモリ入れてるの恥ずかしくない?」

 

と反論していました。

 

ちなみに声はよく出ていたそうです。

 

そらるのハモリ、聴きたかったです。

 

2話目

トレンドを作る回。

 

トレンドに入らなかったうらさかから不満の声が上がっていました。

 

うらさかの選んだ商品は、ただの商品紹介になってしまうとの事で、大幅カットになったのです。

 

まふまふとそらるの「おっさんランドセル」は、トレンド入りしました。

 

やはりインパクトがありましたね。

 

ランドセル、恥ずかしくなかった?と聞く坂田に、そらるが

 

「恥ずかしがってちゃ何も出来ないよ。」

 

と答えていて、お!また名言出たわ!と1人盛り上がりました。

 

うらたが言うには、

 

「1話と2話撮った時、まふまふが、『みんなめちゃテンション低くない?』と言ってたけど、今、落ちついてるよね。」

 

それに対してまふまふが、

 

「喋っても…」

 

それに続いて坂田が、

 

「カットされる」

 

そこに、そらるが

 

「やめろ、やめろ!」。

 

さすがそらるですね。

 

普段は、自分達で動画を編集している歌い手は、プロに編集されるのに慣れていないのですね。

 

3話目

 

ただまふまふの株が上がるだけの回(そらる)

 

ロマネスコという謎の野菜も出てきた料理リレーの回でした。

 

坂田の1番の思い出は、実は、まふまふ以外は、全員シンクロしていた。

 

でも、まふまふが言うには、ダメな方にシンクロしていたそうです。

 

坂田の

 

「全部わかっちゃいましたよ」に、

 

「坂田の全部わかっちゃいましたよほど怖いものはない。」

 

という意見が面白かったです。

 

天然なところもさかたんの魅力ですね。

 

4話目

 

そらるの1番の思い出に選ばれました。

 

料理対決だったのですが、撮影の後に、残った食材の肉や卵を使って、スタッフさんやみんなで食べたのがすごくいい思い出だったそうです。

 

まふまふは、鍋を焦がしてしまいました。

 

5 Yahoo!潜入

 

けんさくとエンジンくんの待つYahoo!に忍者格好で潜入していました。

 

そらると坂田のバイト体験の姿も良かったです。

 

7ライブの裏側公開!

 

夜中にお互い電話をして、「ここどうする?使う?」と一生懸命話し合ったそうです。

 

まふまふはかなり緊張していました。

 

いつもは緊張しないそうです。

 

確かこのライブの前に体調を崩していました。

 

身体が万全でない中の出演だったからでしょう。

 

そらるは

 

「みんなと一緒だったから全然緊張しなかった」

 

と言っていました。

 

みんなを本当に信頼しているんだな、素敵な関係だなと思いました。

 

8

クリスマスにバレンタインチョコを作ったからか、怒り狂いそうだったそうです。

 

ただ、この放送の、まふまふと坂田のプチ喧嘩?をそらるが「ケンカすんな!」となだめるシーンがすごく好きでした。

 

9実験回

さかじろう先生。

 

坂田はあの後、かなり落ち込んだそうですが、そらるはこの実験回は、坂田の落ち込みも可愛いくて、結果かなり好きだったそうです。

 

糸電話は好評でした。

 

そらるは、luzが赤ちゃんみたいに糸電話って何ですか?

 

などと聞いてくるのが面白かったそうです。

 

そらるが30歳で1番年上ですが、歌い手仲間を本当に弟のように可愛く思っているんだなあと思いました。

 

化学反応が起こった時にビックリしてめちゃ乙女な感じで驚くうらたとそらる。

 

ネットでも可愛いと評判でした。

 

10脱走チュー

ニャンターは、普通、番組走りするのに、ガチで全速力で、足が速かったと盛り上がっていました。

 

まふまふと志麻がとにかく大活躍しました。

 

11脱走チュー後編

 

見事に脱出に成功したセンラ。

 

坂田の暴露によると、センラからは

 

「俺がおとりになるから、その間に旗を揚げなおしてくれへん?」

 

と言われたそうです。

 

感動して、旗を揚げて見下ろすと、校門から一直線に走って逃げるセンラが…。

 

「まふまふが明かす最終回だから言える真実!」

 

奇跡

 

脱走チューの回で、保険室で、まふまふとうらたさんと志麻くんまふまふはベッドの下に、うらたさんと志麻くんがハンターの後ろを走って裏回避した奇跡のシーンが本当はありました。

 

「感動!そらまふうらさかのひきまるコメント!」

 

坂田

 

やってきてよかったです。

 

これも見てくれた皆さんあっての事です。

 

スタッフの皆さんもお世話になりました。

 

ありがとうございます。

 

うらた

 

スタッフをはじめ、たくさんの方が関わって本当に勉強になりました。

 

とてもいい経験でした。

 

そらる

 

いじられキャラがすっかり定着してしまいましたが。

 

yahoo!さんとの初めてのコラボで、心配だったのですが、再生数はものすごい事になっていました。(約3800万回)

 

多くの人に自分達を知ってもらって嬉しかったです。

 

まふまふ

 

定期的に動画をあげる事がなくて、今回、多くのスタッフの方々のご助力をいただいて、作る事ができました。

 

歌い手というアングラな世界を知っていただくきっかけとなりました。

 

僕ら8人は音楽をやっています。

 

そちらもどうぞよろしくお願いします。

 

まとめ

「ひきまる12話の未公開シーンは3つ。」

 

「ひきまる12話でそれぞれの歌い手が見どころを紹介。

かなり面白いです。」

 

「まふまふが明かす最終回だから言える真実は、脱走チューの神回避。」

 

「感動!そらまふうらさかのひきまるコメントは、Yahoo!スタッフへの感謝。

 

ひきまる企画のおかげで、いっそう仲が深まった。」

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

想像よりずっと素晴らしかった。

 

脱走中!はホントに面白かった。

スポンサーリンク

コメント