" /> 村木厚子の拘置所での支えは「花さき山」と「一日一生」!コナンも好き! | WONDERFUL PLUS

村木厚子の拘置所での支えは「花さき山」と「一日一生」!コナンも好き!

エンターテインメント

元厚生労働事務次官の村木厚子さんです。

 

女性官僚として華々しく出世をしていた村木厚子さんでしたが、2009年のある日、虚偽公文書作成の疑いで拘留されます。

 

全くの冤罪でした。

スポンサーリンク

 

今回調査するのは

 

「村木厚子を拘置所で支えた本『花さき山』」

 

「村木厚子が拘留中に読んだ『一日一生』」

 

「村木厚子はコナンのファンって本当?」

 

以上の3点です。

 

それでは1つずつみてみましょう。

 

「村木厚子を拘置所で支えた本『花さき山』」

 

 

女性としては史上4人目の事務次官にまで上り詰めた村木厚子さんです。

 

ところが虚偽公文書作成の濡れ衣を着せられ?てリークされ、拘置所に拘留。

 

そのまま求刑、懲役1年6カ月となりますが、その後、大阪地裁で無罪となります。

 

本当にあるのですね。

 

こんなサスペンスドラマのような現実が。

 

しかし、村木厚子さんは誰もうらまず、全てを受け入れて辛い日々に耐えました。

 

心配した娘さんが、お母さんである村木厚子さんに声をかけると

 

「人生はそんなに甘いものじゃない。」

 

と、答えたそうです。

 

事務次官まで務めた女性はやはり胆がすわっていますね。

 

だからといって村木厚子さんはとても柔らかい温和な性格です。

 

お仕事に対しては男性エリートを凌駕する働き、プライベートでは心優しく慈悲深い性格。

 

官僚を辞めた現在も、彼女の周りには人が集まるのも当然ですね。

 

そんな村木厚子さんが、拘置所で拘留中に読んでいたのが、「花さき山」という絵本です。

 

小さい時に読んだという人もいらっしゃるでしょう。

 

学校の図書館にも確かありましたし、教科書や、問題集の題材になる事もある、斎藤隆平さんの名著中の名著です。

 

滝平二郎さんの影絵が美しいですよね。

 

「モチモチの木」も同じく有名ですよね。


「花さき山」は、自分の事よりまず他人。

 

思いやりの心を大切にする尊さが描かれています。

 

美しい心でする美しい行動。

 

その度に綺麗な花が一輪ずつ咲いていくのです。

 

その花がいつか山いっぱいになっていくお話です。

 

現代のあまりのめまぐるしいスピード、ネット、AI…。

 

超現実主義になっている私たちに、何かを気づかせてくれますね。

スポンサーリンク

「村木厚子が拘留中に読んだ『一日一生』」

 

もう一冊、村木厚子が拘置所にて愛読した本が「一日一生」です。

 

こちらの本は初めて知りました。

 

天台宗大阿闍梨(てんだいしゅう だいあじゃり)酒井雄哉さんの著書です。

 

お坊さんの本ということで、仏教の教えなのだと思うのですが、1日を一生だと思って大切に生きようという本です。

 

本当にそうですよね。

 

この有り難い日常に、私たちは慣れてしまっています。

 

今こそ、意識を変えて感謝の毎日を過ごしたいです。

 

「村木厚子はコナンのファンって本当?」

 

本当です。

 

刑事小説がお好きなのだそうです。

 

大人気アニメ「名探偵コナン」は、映画も観に行くし、DVDも購入、放送は全て録画しています。

 

可愛いですよね。

 

誰よりも賢い女性なのに、コナンのファンなんて、ギャップ萌えの極みです。

 

素敵です。

 

本当に素敵過ぎる村木厚子さん。

 

だからといって、村木厚子さんを全ての女性が目指さなくていいのです。

 

あなたはあなたのままで、もう充分素敵なのですから。

 

まとめ

 

「村木厚子を拘置所で支えた本『花さき山』は斎藤隆平作、滝平二郎絵。」

 

「村木厚子が拘留中に読んだ『一日一生』は天台宗大阿闍梨の酒井雄哉著。」

 

「村木厚子はコナンのファンなのは本当。」

 

村木厚子さんをテレビで拝見出来て幸せでした。

 

花さき山の精神、忘れていました。

 

優しくしていただく度に、どこかにある花さき山に、美しい花が咲くのだなとイメージしたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント