京都アニ火災は京アニ大賞でのパクリが理由⁈どの作品が⁈

スポンサーリンク
ニュース

2019年7月18日に、33名の尊い命が火災により失われました。

 

場所は京都市伏見区の京都アニメーションの第1スタジオです。

 

犯人は41歳男性で、「小説をパクられた。」と供述しているとのこと。

 

もしかして、京都アニメーションが毎年開催している京アニ大賞に関係しているのでしょうか。

スポンサーリンク

今回調査するのは

 

「京都アニ大賞とKAエスマ文庫って?」

 

「パクられたのはどの作品⁈」

 

以上の2点です。

 

それではご一緒に1つずつみてみましょう。

 

「京都アニ大賞とKAエスマ文庫って?」

京都アニメーション大賞受賞作品、待望のアニメ化『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』本予告編

京アニ大賞が始まって初の大賞を受賞した「ヴァイオレット エヴァーガーデン」。

美しいCMで話題になりました。

 

白昼堂々の事件は、平成の放火事件をしのぐ最悪の結末となりました。

 

いつもは出入りには厳重なセキュリティチェックをしていたといわれる京都アニメーション。

 

その日は外部からの来客があることで、セキュリティを解除していました。

 

その隙を見て、41歳の赤いTシャツの小太り男性が乱入。

 

女性社員に灯油をかけて火を放ちました。

 

火はたちまち燃え広がり、辺りはものすごい煙が立ち込めました。

 

3階にいた男性4名は、雨どいをつかみながら、近隣の住民により、立てかけたはしごを使って救助されました。

 

モウモウと立ち上がる煙の中、救急車も消防車もなかなかたどり着かない。

 

本来ならはしごを持って近寄るのも大変危険です。

 

近隣住民の方々の勇気には感動しました。

 

消防車の方が先に到着。

 

火傷を負って、道に座りながら、だんだん元気がなくなっていく京都アニメーションの社員に、消防士が声をかけます。

 

「アニメ、いつも楽しみに観てます。」

 

残念ながら亡くなった方は大勢いらっしゃいます。

 

それだけでなく、現在病院で治療を受けている社員さんもたくさんいます。

 

本当に、心から早期回復を願ってやみません。

 

犯人が口にした、

 

「小説をパクられた。」

 

から、多くの京都アニメーションファンが真っ先に想像したのは、

 

「京アニ大賞」です。

 

これは、京都アニメーション主催の、小説コンテストです。

 

大賞は賞状と100万円、奨励賞は、賞状と50万円です。

 

賞獲得作品は、必ずアニメ化する事との謳い文句で、毎年6月頃に募集が始まり、11月末に締め切られて、選考されます。

 

必ずしも毎年大賞が出るとは限りません。

 

また、作品は、京都アニメーションが脚色する可能性があるともうたっています。

 

この京アニ大賞を受賞すると、京都アニメーションによりKAエスマ文庫の本にしてもらえます。

 

つまり、出版デビューも約束されています。

 

ところが、このKAエスマ文庫はアマゾンでの取り扱いがなく、出版物として大量に売れているというわけではないようです。

 

では41歳男性の言う「パクられた」とは、何でしょうか。

 

ここからは、完全に私の憶測でしかありません。

 

この男性は、以前京アニ大賞に応募した事があり、落選。

 

しかし、アニメを見たら自分のアイデアがパクられていた(と感じた)のではないでしょうか。

 

たくさん作品があるのだから、どうしても若干似た感じになる事はよくありますよね。

 

盗作の確証もないのに、なんと取り返しのつかない事をしたのでしょうか。

 

今、悲しみでいっぱいです。

スポンサーリンク

「パクられたのはどの作品⁈」

 

では、パクられたといわれている作品は京都アニメーションのどの作品なのでしょうか。

 

どれも作者がはっきりしており、どの作品の作者も、アニメ化に際して、京都アニメーションに作品を委ねているので、「これ!」というものはありません。

 

本当に、強いて選ぶとしたら、京都アニメーションの完全オリジナルの「たまこまーけっと」くらいでしょうか。

 

餅屋の娘、北白川たまこの青春物語なのですが、端々に季節のお菓子が出てきて、超ハッピーな作品です。

 

このアイディアがあの犯人の小説とはとても思えません。

 

100歩譲ってもしそう言ったとしても、このアイディアを思いつく人はたくさんいるでしょう。

 

どちらかというと、それをアニメーションとして、どう面白く脚色するかにかかっています。

 

京都アニメーションは、それを見事にやってのけただけ。

 

勘違いの逆恨みに呆れて言葉もありません。

 

テロとも言える、この非情な事件を風化させずに進みたいと私は思っています。

 

まとめ

 

「京都アニ大賞は、京都アニメーションが毎年公募する小説コンテスト。

 

大賞を獲得後に京都アニメーションのKAエスマ文庫より出版される。」

 

「どの作品も原作に近く作られている。

 

パクられた作品は見当たらないが、『たまこまーけっと』は京都アニメーションのオリジナルなので、言いがかりをつける事は可能か。」

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

今回の事件で亡くなられた被害者のご冥福と、いまだに入院を余儀なくされついる方々の回復を心よりお祈りいたします。

スポンサーリンク

コメント